カテゴリー別アーカイブ: 休日

スタッフの休日


こんにちは、きもの町スタッフのKeiです。

先日のお休みを利用して、

東本願寺の飛地境内地の渉成園【しょうせいえん】に行って来ました。


京都駅からも歩いて行けるくらいの街中なのに


とっても静かで素敵な仏寺庭園でした。

見所は、色々あるのですが
私が一番見たかったのはコチラ
水面に映る京都タワー

風が吹いてて水面に上手く映ってませんが
この 侵雪橋を渡ってるところの写真が
京都記念に!と人気のスポットだそうです。

獅子吼という注水口のせせらぎも
趣きがあります。

この時期は、ウメも楽しめるようですが
芽吹き出したところでした。
来週くらいから見頃な感じでした。


梅だけでなく、四季折々の花が楽しめるようで
三月は、ユキヤナギ
四月は、サクラだそうです。

京都を静かに楽しんだ一日となりました。

そして、ここからは、きもの町の
本社豊彩にも とっても近いんです!
歩いて10分くらいです!!

先日の豊彩イベント
掘り出し市の様子

月に一度開催予定です!

通常は、このような感じで
そのシーズンの新作などを見ていただけるようにしてますので


京都にお越しの際は
是非、遊びに来てくださいませ^^

お問合せ 075-354-8511

0

スタッフの休日 その4(その他)



きもの町Sです。

今日から10月、京都も日毎に秋の声を楽しむ季節へと移り変わっています。
木の葉がそよぐ季節は心地よいものですね・・・
そんなある日、私の元へ小さな秋が届きました。

ちょっぴり珍しいお野菜達
ビーツ・バターナッツ・イタリアンパセリ・かぼちゃ・じゃがいも…
食欲の秋には嬉しすぎる採れたて野菜。

しかし、珍しいお野菜、どんな料理にすれば美味しくいただけるのか?むむむ…
新鮮なうちに食べなきゃ…。と、迷うこと丸2日

とにかくまずは生で食べてみよう!と試食。
ビーツは切るとこんなに鮮やかな色。

手に取るだけで爽やかな香りや、ホッとする土の匂い。
その後、口にした野菜。ぽりぽり、シャキシャキ、パリッ、オーー!っと
食感、味覚、手触り、五感を研ぎ澄ませて生野菜を楽しみ、
こんな料理に変身しました。

(野菜達はもっと美味しく食べて欲しかっただろうに、ごめんね…)

秋の楽しみは様々・・・

きもの町にも、秋を彩るアイテムが続々登場しております!
紅葉が目に映る頃を待ちわびながら、
心地よい風を肌で感じて着物でお散歩もステキですね。

ぜひ皆さまもゆったりと秋をお楽しみくださいませ。0


スタッフの休日


皆さまこんにちは。

京都きもの町スタッフのもうひとりのK子です。

いよいよ令和がスタートしました!

”令和の由来になった万葉集が京都の北野天満宮で特別展示されてる”と聞き

こんな機会あまりないので先週末行ってみました。

夕方だからか思っていたよりも空いていてスムーズに回れる。

学問の神様、芸術の神様と親しまれているように

百人一首も飾られてたり

学生さんもちらほらお見かけしました。

そして!いよいよ万葉集の展示物を見に~

???

ガーーーーーン!

受付は16時まで!

現在17時!過ぎてました

どうりで空いている訳です;

垂れ幕では、到底納得できませんが

空気だけ思いっきり吸って帰ってきました(笑)

もう少し開催されてるようなので

皆さまはそんな事無いと思いますが、お気を付けくださいませ。

それでは、皆さまにとって

素敵な令和になりますように

0


姿画像

KIMONOMACHI木綿着物×昭和の帯を締めて出勤-平成最後の投稿



皆さんこんにちは。きもの町スタッフのK子です。

2019年04月30日。平成の大晦日です。皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。

K子は昭和63年生まれで、元号年=年齢で生きてきたため、とても感慨深いものがあります。今晩は平成と自分の人生を振り返って両親と晩酌をする予定です。

さて、4月29日に、きもの町姉妹店、

夢館 御池別邸で月一イベントの舞妓SHOWが行われました。

舞妓さん画像
舞2つ、お抹茶×お菓子サービス、ご歓談、千社札、ツーショット写真という、充実したプログラム。

私もこの日はスタッフとして出勤。

きもの町の木綿着物 黒千鳥柄を着ていきました。

木綿着物着ました。
夢館 御池別邸にて。都合によりピントがぶれています。

kimono02-hira
木綿着物 黒千鳥 単品

木綿着物 黒千鳥 生地アップ

木綿着物モデル画像
2年前、この画像が可愛すぎて思わずコーデ買いをしました。

この日は、白のちりめん生地に紅型(びんがた)の名古屋帯を締めました。

姿画像
帯締めも紅型の色柄に合わせたカラフルで面白いデザイン

全て私物ですが、実はこの帯と帯締めは40年前のものです。

今は亡き祖母が、母の嫁入り仕度用に仕立てた名古屋帯です。

それが一度も使われることなく、新品の状態で桐箪笥の中に眠っていたのを先日発見し、この度ようやく日の目を見ることとなりました。帯締めも同様です。祖母がこの帯のために用意したかどうかは、今では定かではありません。

KIMONOMACHIの木綿着物の黒千鳥はシンプルな柄のため、きっと映えると思い今回この帯を締めて出勤したところ、まったく違和感なく、コーディネートについて周りから大絶賛してもらいました。昭和と平成のコラボレーション。また、木綿×ちりめんの相性も良かったと思います。生地が滑らず、一日中着崩れることなく過ごせました。

今回、祖母が母のために仕立てた帯を、孫の私の代になってようやく使うことができて、自分自身がとても嬉しかったと同時に、大正生まれの祖母のセンスの良さに惚れ惚れしました。「祖母の生前にこの姿を見せたかった」とも、少し寂しく感じました。

箪笥の中には大島、有松絞り、結城など、上質な着物がずらり。帯もそれに合わせて、「着物1本帯3本」とよく言われる通り、沢山用意されていました。母曰く、祖母は「母娘三代着られるように」と仕立ててくれたそうです。しかし、大正生まれの身長150cmだった祖母から、まさか167cmの女孫が育つなど想像もつかなかったので、残念なことに着物についてはほとんど私は着られません。

着付を真面目に練習して2年。ようやくすっきりと着物が着られるようになり、着物は難しくても、せめて帯だけは、これからの令和の時代へと引き継いでいこうと思います。

正座2分で足が痺れて立てないところ

着物はどんなに思い入れがあり、どんなに良い物でも、売ったところで二束三文にしかなりません。だからこそ、「良い物だから」と大切に保管し続けて誰にも着られなくなるより、何度も何度も着倒していくほうが、着物が生き続けると思います。

きもの町の木綿着物は私も大好きな商品で、着回しに便利で、しかも洗えるとても使いやすい着物なので、ぜひぜひ沢山のきもの好きさんにもお買い求めいただきたい商品です♪

▼きもの町オリジナル木綿着物をチェックする▼

令和はどんな時代になるのでしょうか。

次の元号も、京都きもの町を宜しくお願い致します。2


四色のこだわりジャム♪感想



こんにちは。
京都きもの町スタッフ ジョウダイです。

徐々に暖かくなってまいりましたね!
梅の花も咲き誇っています^^

今日のお話は、まだまだ寒かった年始のことになりますが、
一時期ネットで話題になっておりました
ZOZOTOWNさんこだわりのお年賀を頂きました☆

ZOZOTOWNのロゴがあしらわれた箱が
なんともオシャレですね^^

始めはインクかな?っと思いましたが
ジャムと知って皆ビックリ!!!
この青色も野菜から抽出した色らしく、
着色料などは一切入れていないとのこと。

いったいどんな味なのか、みんなワクワクどきどき…(*゚∀゚*)

後日、試食したスタッフから感想をいただきました♪

 

・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥

まずは『赤』

赤はイチゴジャム♪
大きな実がゴロゴロ入っていて、
甘くてとってもおいしいジャムだったそうです^^

 

・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥

次は『黒』

黒は黒ゴマ!
まさに真っ黒のジャムでしたが、ゴマの濃厚な味わいと
蜂蜜の柔らかな甘みが合っていて美味しかったとのこと。

 

・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥

『黄色』は
なんとカボチャ!

私、ジョウダイ家でいただきましたが
かぼちゃの優しい甘みがパンにあって、とてもおいしかったです^^

 

 

・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥

そして、そして一番不可思議な青色は
なんと『リンゴ』!

これを食卓に出したときの家族の反応がすごかったそうです(笑
ですが、味はさっぱりとしてとてもおいしかったとのこと。

 

四色のこだわりジャムはスタッフはもちろんのこと、
スタッフの子供たちにもとっても人気でした^^

 

ジャムはすべて美味しく頂きました♪
来月にある卒業式はもちろんのこと
着物や浴衣、髪飾りなどなど
様々シーンに合った商品を展開していきます!
新作も徐々に販売していく予定です☆

今後とも京都きもの町をよろしくお願い致します♪0