おしゃれと実用☆気になる着物の羽織のこと

コート・羽織きもの町オリジナル


着物の羽織について

寒い時期の上着として、また重ね着のおしゃれのために手放せない着物の羽織。
人気漫画のキャラクターも個性的な羽織を着ていることから注目されているアイテムです。

今回は京都きもの町の羽織のことをご紹介いたします!

なぜ着るの?いつ着るの?

着物の上着である羽織。その役割は下記のようになります。

  • 防寒
  • 塵よけ、日よけ
  • おしゃれ

1番は防寒のため、寒くなってきた時期に羽織を着ます。
でも、寒くない季節でも薄い羽織を見かけることがあります。それは、外出時の塵よけとして着ます。着物や帯を、埃や日光から守るためのものです。
そして、やっぱりおしゃれのため!という方も多いのではないでしょうか。コートやケープと違い、前が開いているので着物や帯周りが見えます。そこに羽織が組み合わさったレイヤースタイルがおしゃれのポイントです。

羽織は洋服でいうところのカーディガンやジャケットのようなもの。
絶対に着なければいけないわけではありませんが、あるとコーディネートの幅が広がります。

同じ着物でも羽織で違った印象に!

着物と同じように、裏地のない単衣と裏地を付けた袷があります。
基本的に着物の季節に準じますが、綿、ウール、レース羽織などは季節問わず単衣が主流です。
生地感やコーディネートによって着分けていただければと思います。

きもの町の羽織丈感比較

きもの町オリジナルの羽織はワンサイズになります。
着丈や柄の見え方が気になるところ……というわけで、身長の異なるスタッフで着てみました。

〇羽織サイズ:身丈約88cm/袖丈約47cm/裄約69cm

145cm

======================
スタッフ:mochida
身長:約145cm
裄:約61cm
======================

後ろは裾がふくらはぎに掛かるくらいの長さです。裄は手の甲に届くくらい。
ゆったりとかわいらしく見えますが、やはり少し大きめのようです。

155cm

======================
スタッフ:Kr
身長:約155cm
裄:約65cm
======================

後ろは膝が隠れるくらいです。裄は腕の角度によっては手に掛かるくらい。
全体的には大きすぎるということもなく、ちょうどよく着こなしていただけるかと思います。

165cm

======================
スタッフ:Kei
身長:約165cm
裄:約71cm
======================

後ろはちょうど膝丈といったところ。裄もぴったりなのですが、腕をまっすぐ下ろすと手首が出ます。
標準的なバランスです。ただ近年、羽織丈は長め傾向にありますし、洋服もビッグシルエットが定番となっています。その感覚で見ると、もう少し長い方が好みという方もいるでしょう。

3人を並べてみました。

撮影した状況や、着用商品が異なります。また、同じ身長、裄丈でも着付け方によって着用感は変わります。(衣紋の抜き加減、帯の高さなど)
厳密な比較ではありませんが、ご参考になれば幸いです。

羽織の身丈は、身長の約半分(身長×0.5cm)の長さを基準にしますが、時代と個人の好みによって大きく変化します。
昭和30年代はかなり短く、おしりが隠れる程度です。
2000年代から現在までは長めの丈が好まれる傾向にあります。きもの町の羽織は身長×0.52くらいですが、長めのものは身長の6割以上ある場合も。
お店や商品によって異なりますので、お買い上げの際はよくご確認くださいね!

きもの町の羽織一覧はコチラ

羽織の着方

羽織は衿を外に折り返して着ます。
衿の真ん中に千鳥掛けといってステッチが入っているので、それに沿って半分に折り返します。

羽織紐

羽織は前が開いているので、それを留めるために羽織紐を結んで着用します。
羽織紐は、共布の紐があらかじめ付いている場合もありますが、別付けが一般的です。

羽織紐の取り付け方

  1. 羽織には「乳」といって羽織紐をつけるための輪があります。
  2. 乳に羽織紐のループを通します。

  3. 羽織紐の先をループの中に通します。


  4. 紐をループに通しながら引き抜きます。


  5. 左右とも同じように付けます。

羽織紐が付けられました。

羽織紐の結び方

羽織紐を取り付けたら、結んで着用します。
基本は帯締めの結び方と一緒です。

  1. 左手側を上に重ねます。
  2. そのまま1回絡げます。
  3. 右上の紐を左下に流します。

  4. 下の紐を上に掛けます。
  5. 輪に通して引き締めます。
  6. 完成

長さのある羽織紐でしたら、ちょうちょ結びや変わり結びも可能です。

色々な羽織紐

一般的な組紐タイプの羽織紐の結び方をご紹介しましたが、いろいろなものがあります。


無双といって両端にカンを付けたアクセサリータイプも一般的です。

天然石羽織紐

長さは広げたブレスレットと同じくらいです。
一般的なブレスレットの両端の金具を、カニカンやSカンに付け替えることで自作もできます。
他にも洋服用のストール止めクリップなどで代用したり、細いリボンやコードをつけてもOKです。(洋服用を使うときは金具が着物を傷めないようご注意ください)

スタッフコーデでも私物のアレンジが見られます。

細いリボンを掛けて羽織紐がわりに
ブレスレットを羽織紐に作り替えたもの

ちょっとしたおしゃれのポイントになりますので、ぜひ羽織紐にこだわってみてください。

羽織紐は、羽織をしまう時に1回1回外すのが理想です。
特にアクセサリータイプは金具で生地を傷めやすいので必ず外しましょう。紐も跡がついたり、色移りなどの心配があるので、保管の際は別々に。

羽織のオシャレを楽しもう

今回は、きもの町の羽織についてご紹介しました!
少しずつ暖かくなるとはいえ、まだまだ羽織ものは手放せない季節。
実用とおしゃれを兼ねた羽織のコーディネートをぜひ楽しんでいただければと思います。

きもの町の羽織一覧はコチラから

0