はじめて着物:京袋帯・名古屋帯で銀座結び(角出し)の結び方

カジュアル・普段着きもの町オリジナル


憧れの銀座結びをマスターしよう

羽織ものが不要になる春~秋は、帯結びが気になる季節。
名古屋帯の変わり結びの代表といえば銀座結び
ふっくらとしたお太鼓の左右から羽根がのぞく銀座結びは、四角いお太鼓結びとは違った魅力があります。
くだけた結び方のため、お茶席、式典など礼法や格式を重んじる場では結ばれません。ですが、粋な雰囲気が普段のお洒落にはぴったり。厚みのある帯枕を使わないので、比較的楽な結び方でもあります。
ぜひ結んでみたい帯結びですが、案外しっかりと習う機会がないものです。
今回は、そんな銀座結びの結び方をご紹介します!
お太鼓結びとの違いや、きれいな形を作るポイントなど詳しくご説明。ご参考にしていただければと思います!

きもの町の京袋帯についてはこちら

銀座結びのおすすめポイント

  • お太鼓結び以外のお洒落な結び方をしたい
  • ポイント柄(お太鼓柄)の帯でもできる変わり結びをしたい
  • 帯枕を使わない結び方をしたい

銀座結び?角出し?

この形の帯結びが「角出し」と呼ばれている場合があります。
角出しは、江戸時代に結ばれていた古い帯結びで、丸帯などを使い「引き抜き」という結び方をします。帯揚げ帯締めも不要です。銀座結びは、後年、名古屋帯で角出しの形に結ぶために考案された結び方と言われています。
ただ、この形であれば名古屋帯でも角出しと呼称された本もあり、名称の使い分けは曖昧なようです。
ここでは、京袋帯(名古屋帯)を使用し引き抜きではない結び方をしますので、銀座結びで統一します。

余談ですが、きもの町の京袋帯であれば、引き抜きで結ぶ本角出しも結べます。
表裏のある昼夜帯と似た作りですし、て先を綴じていない同じ幅の帯だからです。ただし、お太鼓柄ではなくランダムな柄付けのものに限ります。引っ掛けや引き抜きの角出しなど、江戸時代風の結び方が好きな方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

名古屋帯のお太鼓結びと銀座結び

きもの町スタッフの銀座結びの結び方をご説明します。
結び方や仕上げのポイントなど個々で違う場合がありますが、一例としてご理解ください。

分かりやすいように、写真ではたれは表面の烏柄、ては裏面の黒を出しています。
普通に結ぶ際は両方表でOKです。

基本のお太鼓結びの結び方

京袋帯(名古屋帯)の基本的な結び方・お太鼓結び。
銀座結びの前に、まずは構造の確認としてお太鼓結びの結び方を簡単にご説明します。
京都きもの町のきもの福袋フルセットをお買い上げの場合、セットに着付けDVDが付いています。その中で、お太鼓結びも紹介されていますので、そちらもぜひご参照ください。

  • 京袋帯(名古屋帯) 
  • 帯揚げ 
  • 帯締め 
  • 帯枕
  • 仮紐1本(結び終わったら外します)
  1. 京袋帯の場合、胴に巻く部分を半分に折ります。2周巻いてたれを上に折り上げます。
    ここは結ぶ、ねじる、留め具を使うなど、ご自身のやり方で止めてください。
  2. ては横に預けておき、たれを下ろしてきれいに広げます。
  3. 帯山の位置を決め、山の裏側に帯揚げをかけた帯枕を当てます。
  4. 帯枕の紐をしっかりと結んで固定します。
  5. お太鼓の下線の位置を決めます。帯の下線~おはしょりの線くらいが目安です。
    位置を決めたら、たれの裏側に仮紐を当て、折り上げます。

  6. 片手で下線の折り目を持って、もう片手で余分をお太鼓の中に折り上げます。
    たれの長さを決めたら、仮紐を結びます。

  7. 横に預けておいたてを外します。
  8. てをお太鼓の中に通します。
    通す位置は、お太鼓のすぐ内側です。


  9. 通したら、余分は畳んでしまいます。
    てがお太鼓の幅から指1本分出るくらいに折りたたみます。

  10. ての上に帯締めを通し、しっかりと前で結びます。
    結んだら、お太鼓の下線の仮紐は外してください。

  11. 形を整え、完成です!

横から見ると、このようになっています。
お太鼓結びは、たれを先に折りたたみ、次にてを横に通します。最後に帯締めでまとめて固定されている状態です。

銀座結びの結び方

次に銀座結びをご説明します。
体に巻いて結ぶまではお太鼓結びと同じです。そこからの手順は少し違いますが、難しくはありません。
形はふっくらと立体的に仕上げるのがポイントです。

  • 京袋帯(名古屋帯) 
  • 帯揚げ 
  • 帯締め 
  • 仮紐 2本
    1本は帯枕代わりに使用し、1本は途中で外します。

事前に、仮紐1本を帯揚げで包んで細く畳んでおきます。これが帯枕代わりになります。

  1. 2周巻いてたれを上に折り上げます。たれを下ろして、きれいに広げます。
    ここまではお太鼓結びと同じです。


  2. たれは下げておいたまま、先にてを持ちます。
  3. 肩幅くらいの長さに折りたたみます。これが羽根の部分になります。
  4. 畳んだては仮紐で固定します。
    次にたれを広げます。
  5. 帯山の位置を決め、帯揚げで包んだ仮紐を掛けます。
  6. 帯山を結び目の上に乗せ、仮紐をしっかりと結んで固定します。
    羽根を押さえた仮紐は外してください。
  7. お太鼓の下線の位置を決めます。
    通常のお太鼓結びより広めにするとバランスよく仕上がります。
    目安としてはおはしょり線より手巾1つ分下くらいです。
  8. 下線の位置が決まったら、たれの裏側に帯締めを当て、折り上げます。
  9. 下線の折り目を持って、余分をお太鼓の中に折り上げます。
  10. たれの長さを決めます。
    たれの長さも通常のお太鼓結びより長めの手巾1つ分くらいです。
  11. 帯締めを持ってお太鼓の下線を引き上げ、前でしっかりと結びます。
  12. 形を整え、完成です。
    帯山はぴったりとまっすぐ、下はふっくらと下ぶくれにすると粋な雰囲気になります。

横から見るとこのようになっています。
銀座結びは、てを先に畳んで羽根にします。たれをお太鼓にするところは、通常のお太鼓結びと変わりません。
お太鼓部分を支える帯締めは、下の位置から、体の横で帯の真ん中辺りに来るよう引き上げて結びます。そうするとお太鼓が三角形にたわんで、ふんわりとした立体感が生まれます。

お太鼓結びと銀座結びの違いがご理解いただけたでしょうか。
手順としては、巻いて結ぶまでは一緒で、お太鼓結びはたれを先にお太鼓にします。銀座結びはてを先に羽根にして結んでいきます。


構造の違いとしてはこんな感じです。

お太鼓結び
銀座結び

銀座結びをきれいに形作るポイント

ふくらみのある立体的な形が特徴の銀座結び。
人それぞれお好みがあるかと思いますが、スタッフは曲線的に仕上げるのが好みです。
曲線を出すコツをご紹介しますので、ぜひマスターしていただければと思います!

<きれいな曲線を出す方法>

銀座結びの結び方手順10~11番、帯締めを結ぶ際のたれの持ち上げ方がポイントです。

たれの長さを決めました。
この時、帯の両端を意識してください。

両端だけを引き上げます。

こうすれば、下線の両端だけが上がり、ふんわりとした形になります。

最後にたれの折り込み部分を倒し、ふくらみの底辺にすると、立体感が保たれます。

逆に、帯の下線をまっすぐ持ち上げてしまうと、四角い仕上がりになってしまいます。
たれの長さを決め…

まっすぐ上に!

こうすると、カッキリとした形になります。
直線的な形が好みであればこれで構いません。
曲線的なふっくら感がお好みの方は、カキッと線で折り上げずに、ジリッと端だけを引き上げるイメージで帯締めを結んでくださいね。

お太鼓結びとは違った魅力の銀座結び。
このようなポイントに気を付けて、ふんわり優しい雰囲気に仕上げていただければと思います。

ちなみに、帯山は腰紐を使ってスッキリとさせますが、帯の材質、ご体型とのバランスや好みにより帯枕を使った方がきれいな場合があります。
そんなときは、このような薄く、軽めの帯枕がおすすめです!

動画でレッスン☆銀座結びの結び方

動画もご用意中です。

先行して、2021年9月25日の『着物掘り出し市』のインスタライブで銀座結びレッスンをいたしました!
ライブ後にIGTVにもアップしておりますので、是非チェックしてみてくださいね☆

https://www.instagram.com/p/CUOfCwFpp0m/

また、掘り出し市ご来場特典として、帯結びの方法を簡単にまとめたペーパーを配布しております。お料理のレシピカードをイメージしたかわいいデザイン。
vol.9は、なんとお太鼓結びと銀座結びの違いが一覧となっています。今回の記事の縮小版のような内容です。
ご来店の際は、ぜひお持ち帰りいただければと思います!!

銀座結びアレンジ

構造を理解し、基本の結び方に慣れたら、アレンジも自由自在です。
京袋帯であれば、て先を広げることができますのでアレンジのバリエーションが広がります。

裏面を見せたアレンジ

あえて裏地の色を見せたアレンジです。
きもの町の京袋帯は、赤やターコイズブルーなど裏の色もきれいな帯が多いので、ぜひおしゃれポイントとして見せていただければと思います。

ヒダ寄せアレンジ

てにもたれにもヒダを寄せたアレンジです。
てを広げて屏風だたみにし、ボリュームたっぷりの羽根を作りました。たれも帯山に片ひだを取って固定。
片羽根の粋なアレンジですが、結び方としては銀座結びと同じです。

ネコミミ結び

大人気のネコミミ結びも、構造としては銀座結びの変形と言えます。
てで羽根を作るか耳を作るかの違いです。ふっくらとした顔の作り方など、銀座結びのポイントと同じですので、一緒に覚えてみてはいかがでしょう。

きもの町の京袋帯・名古屋帯一覧

毎年新作がリリースされるきもの町のオリジナルの京袋帯。
着物好きさんも満足のデザインはもちろん、織り特有の立体感、華やかさと素材感が魅力です。
京袋帯だからこそできる自由自在なアレンジ。ぜひ、お気に入りの帯で、素敵な帯結びをお楽しみください!

きもの町の京袋帯・名古屋帯一覧はこちらから

0