【はじめて着物】大人の兵児帯の結び方:リボンレイヤー結び

浴衣きもの町オリジナル,着物初心者


兵児帯(へこおび)の簡単かわいいレイヤー結び

スタッフコーデでも結ばれる大人の兵児帯

女性の浴衣帯といえば、半幅帯が一般的。ですが、最近は兵児帯(へこおび)の人気も高まっています。
軽く柔らかいので初心者さんにも扱いやすく、ふんわりとした表情のある帯結びとなることが人気の理由です。
ぜひコーディネートに取り入れたい兵児帯ですが、しっかりとした締め方が分からない、蝶々結びをすると子どもっぽくなってしまうといったお悩みも。
そこで、今回は簡単・かわいい・大人らしい兵児帯の結び方「リボンレイヤー結び」をご紹介します。

リボンレイヤー結び

リボンレイヤー結びは、簡単に説明しますとリボン結び(蝶々結び)をして、たれの余りを畳んで結び目に挟みこむだけです。
畳んだ部分がレイヤー(束)になって、ふんわりと表情のある帯結びになります。
構造としては、半幅帯のレイヤー結びと同様ですので、ご参考になさってください。
兵児帯で結ぶ際の違いは、リボン結びをすること。
半幅帯のように固結びすると、ガッチリと締まってほどけなくなるのでご注意ください。

必要なもの

  • 浴衣
  • 兵児帯 1本
  • 帯板 1枚
  • ハンドタオル(あれば)1枚

兵児帯は一般的な平たいもの、しわふわのプリーツ加工のもの、どちらでも可です。

スタート

  1. 帯端から40cmほどてを取り、体に2周巻きます。
  2. 2周巻いたら、てを上に掛けしっかりとひと結びします。
    ここまでは、通常の半幅帯の文庫結び等と同じです。

  3. たれを輪にし、蝶々結びをします。
    片方のたれが長いリボンになります。

  4. 長い方のたれを持って、60cmくらいの幅で屏風畳みにします。
  5. 畳んだたれの束をまとめて持ち、リボンの結び目の下にくぐらせます。

  6. たれの半分ほどを引き出したら、結び目の上にかぶせます。
  7. 形を整えます。たれの長さ、束の重なり方など、バランスを調整してください。
    しわ兵児帯の場合は、しっかりプリーツを広げてふんわりとさせます。
  8. 衿が崩れないよう、右回りに回します。
  9. 帯結びを背中の位置に回したら出来上がりです

兵児帯をきれいに結ぶコツ

  • 高い位置でキッチリ結ぶ

    低い位置でくしゃくしゃに結んでしまうと、帯が下がってしまいます。
    胴帯の上辺の高さで、ゆるみがないようしっかりと結びます。
  • リボンは均等に結ぶ


    リボンがねじれて傾いていると、レイヤーがくずれる原因になります。
    均等にきれいに結びましょう。
  • 土台を入れる


    気を付けて結んでも、結び目の重みでだんだん下がってくることがあります。
    そんな時は、畳んだハンドタオルなどを結び目の下の部分に差し込みましょう。
    ふんわりとしたきれいなボリュームがキープできます。

しわふわ兵児帯のコツ


かわいいプリーツ加工のしわ兵児帯ですが、巻くとキュッと縮んで細く締まることがあります。
特に買ったばかりの商品は、プリーツが強いので細く縮んでしまいやすくなっています。これは商品の特性としてご理解ください。
縄のように縮まるのを防ぐために、以下のことに気を付けて結んでみてくださいね。

  • しっかりと広げながら巻く

    始めの巻く段階から、きれいに広げながら巻くようにしましょう。
  • 帯板を入れる

    帯板をくるむように帯端を板に挟んでおくと縮み防止になります。
  • 結び目の下に土台を入れる

    上記でも紹介しましたが、しわ兵児帯の場合は土台は必須です。
    帯結びがぺちゃんこにならず、ふんわりとした形をキープできます。

ふんわりかわいい兵児帯

今回は兵児帯の「リボンレイヤー結び」をご紹介しました。
ヒダの重ね方、ボリュームによって、ふわふわの可愛らしい雰囲気にも、大人っぽくこなれた雰囲気にもなります。
ぜひ結んでみてくださいね!

しわ兵児帯一覧はこちら

その他、大人の兵児帯一覧はこちら

きもの町の浴衣館

0