七五三の準備から当日まで:我が家の場合


こんにちは。スタッフJDです。

今月、我が家では2歳の七五三を行いました。
私もそうでしたが、どうやって準備すればよいか悩まれる方も多いかと思います。

そこで、我が家流の準備~当日までの流れを
ご紹介させていただきますね。
来年以降に七五三される方など
参考程度にしていただけますと幸いです^^

——————————
まず衣装と家族写真を撮るかどうか、
という話し合いからだと思います。

我が家には、知り合いからいただいた
着物・被布・草履がありましたので、早々にこどもの衣装は決定!
せっかくなので私もお義母さんの着物をきることにしました。

また、良い機会なので写真館で
初めての家族写真撮ろう!っという流れになりました。

【8月ごろ】
写真館での七五三撮影は、
すでに埋まっているところがあるとの情報をキャッチ!
急いで近くの写真館を調べて、予約しました。
地域によって埋まり方などは違うようで、
私の地域ではまだまだ空きが多く、
第一希望の日時で予約が取れました^^

【9月ごろ】
娘と私の当日衣装の準備。
私は手持ちのもので対応できましたが、
着物デビューの娘は足りないものを色々と買い足しました。

<買い足しリスト>
足袋
長襦袢
半襟
髪飾り
比布飾り

足袋は、靴と同じサイズ。
長襦袢は当日暑がる可能性があったので中の服で調整ができる半袖タイプ。
髪飾りや被布飾りなどの装飾品は、
きもの町スタッフの方々にアドバイスを頂き着物と
娘の好みにあわせたものをチョイス!

そして、当日娘が着物を嫌がらないよう、 七五三のCMが流れると
「S子も秋になったら着るんだよー。お姉さん可愛いね」 っと
少しずつ着たい欲が上がるように伝えてました。

【10月ごろ】
そろそろサイズ直しや半襟つけないとなぁっと思い、準備しました。
肩上げや身上げはお義母さんに教えていただき、
半襟はインターネットでやり方を調べてチクチク、チクチク…

【当日一週間前~前日】
着付けお願いしているところに着物を預けたり、
忘れ物がないか、当日必要な小物類などを準備しました。
特にいつもの洋装時のお出掛けグッズとは違うので、入念にチェック。
当日は荷物にはなるけれども、
足が痛くなった時用の「こどもの靴」と
着物を嫌がった時用の「こどもの着替え」は
必ず忘れないようにしました。

【当日】
家族みんな体調万全!お天気快晴!
娘の機嫌も良し!っと、とても七五三日和^^

心配だった着物もニコニコで着てくれました!
私の着物姿を見たとき「S子も着るー」とおおはしゃぎw

写真館で撮影がはじまると、始めは緊張からずっと無表情でしたが、
最後の方にようやくなれてきて笑顔が見られました^^

初めての家族写真もパシャリ♪

 

撮影後は、そのまま近くの神社へご祈祷をしてもらい帰宅しました。
私も緊張していたようで、
着物を解いた途端に「ホーーー」と長い息をつきましたw

————————————–

以上が我が家の七五三でした^^

草履も痛くないかと終始心配していたのですが、
帰るときまでトトトトトッと器用に歩いておりました(о´∀`о)

ほっとくと勝手にトコトコ歩いてしまってますw

お子様によっては歩きづらいまたは足が痛くなり
草履を嫌がる子がいると思いますので替えの履きなれた靴は
持っておかれた方が良いかと思います。

また、娘は2歳だったので、
髪飾りの大きさとか結構最後まで悩みましたが、
大きめでもカワイイとのスタッフに後押しを頂き、これに決定しました。
終わってみても、この髪飾りで満足です♪

すんなり済んだように書いておりますが、
何回かハプニングもありつつ、

「初・七五三」「初・家族写真」「初・お直し」っと
初めて尽くしだった今回の家族イベントは、
色々な方のご協力のおかげで、無事に終えることができました(*´ω`*)

ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!

皆さまもコーディネートや合わせかた、
サイズなどご不安なことがありましたら、
きもの町にお問い合わせくださいませ♪(*´∀`)

これからも京都きもの町を何卒よろしくお願い致します^^

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください