はじめて着物:京袋帯ってどんな帯?

2020年12月16日その他きもの町オリジナル,着物初心者


京袋帯とは

きもの町で毎年新作をリリースしている「京袋帯(きょうふくろおび)」
京袋帯とはどんなものなのか、あまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか。
また「普通の名古屋帯は結べるけど、京袋帯はどうするの?」「京袋帯で調べても着付け方が分からない!」という方もいらっしゃるかと思います。
今回は、京袋帯について詳しくご紹介します!

いろいろな種類の名古屋帯

京袋帯は、種類としては名古屋帯の仲間です。
京袋帯の特徴を説明する前に、まずはいろいろな名古屋帯をご紹介します。
帯の名称と、それがどういったものを指すのかは、地域やお店により異なる場合があります。
ここでは一例としてご理解いただければと思います。

  • 名古屋仕立て

    お太鼓以外の部分を半幅に折って縫い合わせてある仕立て方。一般的によく見られます。
    巻きやすく、お太鼓結びをしやすい形ですが、胴部分の幅を変えることはできません。
  • 松葉仕立て

    手先だけ半分に折って縫い合わせてある仕立て方です。裏地、帯芯のいらない八寸帯に多く見られます。
    半分に折りやすく、また徐々に広げることができますので、胴の部分の幅を調節することもできます。
  • 開き仕立て(額縁仕立て、鏡仕立て)
    ※参考商品なし
    裏地をつけず、て先をかがらない仕立てです。
    広げた状態だと帯芯が見えているので、一見、未完成品に見えますが、締めると分かりません。
    裏地がない分軽く、胴に巻く部分を好みの幅にできます。

京袋帯

京袋帯とは、帯のジャンル(格)としては名古屋帯ですが、仕立て方が袋帯と同様の帯です。

京袋帯、袋名古屋帯など異なった名称があります。
(「袋名古屋」は八寸帯などのお太鼓部分を引返した仕立てのことをいう場合も)
表地と裏地を縫い合わせ、帯芯を入れた仕立てになっています。端から端まで同じ幅で、形は袋帯と同じです。ただし、二重太鼓ができない長さとなっています。
合わせることのできる着物の格は、基本的に、名古屋帯と同じくカジュアルからセミフォーマルまでです。
総柄もありますが、前とお太鼓の部分にポイントを置いた柄つけもあります。
まとめると、京袋帯とは「一重太鼓用袋帯」、「名古屋帯と同格の袋帯」と言えるかと思います。

なお、なぜ「京」袋帯というのかは分かりませんでした……

京袋帯のメリット、デメリット

◎メリット

  • 胴を縫い合わせてある帯と違い、胴に巻く部分の幅を好みの幅にできる。
  • て先を広げた変わり結びができる
  • 何といってもたたみやすい!名古屋仕立ての入り組んだたたみ方をしなくていい。

▼デメリット

  • 全面に裏地が付く分、重さや固さがある場合も。(材質や織り方によります)
  • 胴の部分をちょうど良い幅に折って巻くのは慣れが必要。

きもの町オリジナルの京袋帯の特徴

さまざまな色柄のきもの町オリジナル京袋帯

毎年新作がリリースされるきもの町オリジナルの京袋帯。
素材は主にポリエステルです。
「帯をしっかりとした素材感のものにしたい」と考えている着物好きさんにもご満足いただけるような、織り特有の立体感、華やかさと素材感が魅力です。
柄行もいろいろなものがあります。ポイント柄(お太鼓柄)と言って、お太鼓結びをしたときに見える部分に柄のポイントを置いたデザインもありますし、総柄(全通柄)のすべて同じ連続模様のデザインもあります。
裏地は主に同系色ですが、黒猫の帯や蝶の帯などは裏面もハッと目を引くきれいな色が使われています。

※帯端の処理について※
きもの町オリジナル帯は、端の一辺だけ熱圧着で処理した上で、内側に折り込んでいます。

簡単に説明しますと、縫うのではなく、繊維を熱で溶かして固めてある状態です。
固まった部分はやや脆くなっています。強く開くと圧着部分が剥がれてしまう場合がありますのでご注意ください。
帯端の始末のしかたは色々ですが、合成繊維だからできる手法で、生産コストを下げています。
少しでもお求めやすくするための工夫としてご理解ください☆

*すでにきもの町の京袋帯をお持ちの方へ*
これを読んだことで、むしろ開いてみたくなったかもしれません。ですが、そっと確認する程度にとどめてくださいね。なお、帯端が開いてしまってもご使用には問題ありません。

京袋帯の締め方

きもの福袋のうち、初心者さん向けフルセットをお買い上げの方には、着付けDVDもお付けしています。DVDには名古屋帯の結び方はありますが、京袋帯バージョンがありません。
今回は、DVDにはない分を補足としてご紹介したいと思います、

事前に

巻き始める時に、てにする方(胴に巻く方)を半分に折るだけで、後は名古屋帯と同じです。
しかし、折る前にまずは帯の柄行きを確認しましょう。
ポイント柄(お太鼓柄)や、上下のある柄の場合、お太鼓にしたい方の柄の出方を見ます。
それから、その反対側をて先として半分に折ります。
お太鼓部分に縦の折り筋を付けないように、いきなり半分にはしないでくださいね。

ポイント柄(お太鼓柄)
上下がある柄

2020年の今年、色を変更して復刻した「群蝶」の帯。
こちらは全体に蝶が配置され、柄の向きもランダムですので初心者さんにもオススメです。
群蝶の帯はコチラから

胴に巻く方とお太鼓にする方が決まったらスタートです。

基本の巻き方

帯の巻き方にはいろいろな方法がありますが、前結び派のスタッフの方法をご紹介します。

  1. 帯端を持って、胴に巻く部分(て)を半分に折ります。
    慣れるまでは、始めにお太鼓以外の部分を折っておくと巻きやすいです。


  2. 胴に巻く部分を半分に折り、て先から60~70cmほど取って、肩に預けます。
    この時、折りたたんだての輪になっている方を自分の顔の方に向けます。
  3. 直角に折り返して巻き始めます。
    胴に巻く部分は、輪が下になるようにします。
  4. 引き締めながら、2巻きします。
    締めるときは折り返した角の部分に指を掛けると、少しの力でしっかりと締まります。
  5. 幅を出したいときは、2巻き目から少し広げます。
    外側が1~2cm(広げたい分だけ)出るようにずらして巻きます。
  6. 計2周巻いたら、たれを上にひと結びします。
    結ぶ以外にも、ねじる、留め具を使う等それぞれの方法で結んでください。
    以降は後ろに回して通常のお太鼓結びと同様に結びます。
  7. お太鼓を作り、きれいに帯揚げ、帯締めを結んで完成です。


  8. 胴の前部分を上から見たところです。帯が4枚重なっているよう見えます。
    一番外側が広くなっているとキレイに見えます。

適切な帯幅とは

現在、一般的な帯幅は4寸(約15cm)。
バランスが良く見える帯幅は、身長の10分の1ほどと言われています。
ちなみに身長165cmのスタッフの場合、1cm強ほど出して帯幅16cmちょっとにして巻いています。
ほんの1~2cmでもかなり違って見えますので、格好良く着こなしたい方は帯幅を調整すると◎です。
また、幅広の帯を胸高に締めた大正ロマン風の着こなしが好きな方にもおすすめです。

帯の結び方は十人十色

今回はスタッフの結び方をご紹介しました。
ただ、結び方は本や教室、人によって異なります。まず前結び派か、後ろ結び派か。巻く方向も時計回りに巻くか、反時計回りか。ひと結びするときは結ぶ派か、ねじる派か、折り畳み留める派か。帯枕と帯揚げはまとめて派か、別々派か…………
セットの着付けDVDは、後ろ結びの方法で、反時計回りに巻き、ねじり、帯枕と帯揚げはまとめてでした。
すべてのやり方に沿ってご説明するのは難しいので、折り方や幅出しのポイントだけでもご参考になれば幸いです。

アレンジの例

京袋帯なら、て先を広げて変わり結びも可能です。

てを広げ、ひだを寄せた蝶々アレンジ
後見結び風

普通のお太鼓結びだけではなく、いろいろな帯結びのオシャレを楽しんでくださいね。
どうしても難しければ、お太鼓結びの作り帯加工も可能ですのでご検討ください。
 ⇒京袋帯の作り帯加工はコチラ

裏地を見せるアレンジ

胴部分をかがってある帯と違い、京袋帯なら裏地を返すアレンジも可能。
スタッフコーデで、て先に裏地を出した結び方をしていますが、これは始めに裏が見えるように折り返してから巻いています。

裏地のターコイズブルーを見せた角だし。

ちらりと見える羽根の色がアクセントになっていて、とってもオシャレ。
どうやっているのか気になっている方のために、折り方をご紹介します。

  1. 帯端からての長さ分を測ります。(60cmほど)
  2. その位置で外表に畳みます。
  3. 畳んだ状態で、帯幅を半分に折ります。
  4. ての中が四重になっています。
  5. 4枚重なっているうちの中の2枚を持って引き出します。

  6. 角を折り目正しく整えながら引き出します。
  7. 直角に引き出したら、角をクリップで留めておくと巻きやすいです。
    これで、ての部分が裏面の状態になりました。
  8. てを肩に預けて巻き始めます。

  9. この巻き方で通常の角出し(銀座結び)にすると、裏見せ角出しができます。

分かりやすくいいますと、折り鶴の頭の折り方です。中割りに折って引き出す方法です。
きもの町の京袋帯は、黒猫の帯や蝶の帯など、裏地の色がきれいなものもありますので、ぜひアレンジを楽しんでくださいね。

アレンジの例

裏見せの巻き方に、京袋帯(名古屋帯)でできる変わり結びを組み合わせると、こんなに可愛いアレンジも可能です。

バイカラーリボン太鼓

リボンがバイカラーになっていて可愛く個性的な印象に!
裏見せアレンジは、普通のお太鼓結びじゃつまらない!という方にオススメです。

慣れると自分に合わせて自由自在にアレンジできる京袋帯。
ぜひ楽しくマスターしていただければと思います!!

きもの町オリジナル京袋帯はコチラ

その他京袋帯、名古屋帯はコチラ

0