着物コーディネート43:スタッフ夏の千変万化!和洋ミックスコーデ

カジュアル・普段着


多種多様な和洋ミックスコーデ

着物コーディネートの1つのジャンルとなっている洋服ミックスコーデ。
シャツ、ブラウスといったインナーや、スカート、靴などボトムを洋装のものに置き換えるのが主流ですが、どんなアイテムをどのようにスタイリングするかで大きく個性が分かれます。
今回は、きもの町のオリジナル着物をメインに、ガラリと雰囲気を変えた和洋ミックスコーデをご紹介します。

======================
スタッフ:夏
身長:約170cm
裄:約74cm
======================

「花紋散らし」でノスタルジックコーデ

古典的な柄の「花紋散らし 灰梅」に、スタッフ私物の洋服のアイテムをミックス。
黒の付け襟、スカートに足元はブーツを合わせました。

リボンの付いたクローシェ帽がかわいらしく懐かしい雰囲気です。

撮影日は紅葉シーズン前。季節に合った楓の羽織で、レトロ旅気分。

京都の街並みにもなじむ、ノスタルジックコーデです。
洋服のアイテムを使用すると、先進的な雰囲気になりがちですが、不思議と懐古的なコーデになりました。

コーデに使用した商品はこちらからチェック☆↓↓
============================================
羽織:楓 こげ茶 ※現在完売
着物:02花紋散らし灰梅
帯:リバーシブル 変わりストライプ ブラック 黒×白
羽織紐:天然石羽織紐 2エンジ系
ブーツ:袴用ブーツ 黒色レースアップブーツ
その他小物:スタッフ私物
============================================

「ラインカラー」でテックファッションコーデ

最近は、着物にパンクなアイテムを組み合わせて楽しむ方が見受けられます。
そんな自由な着こなしにインスピレーションを得たスタッフ夏は、自分の好きなテックファッションを着物に取り入れてみました。

テックファッション、テクウェア(techwear)と呼ばれるスタイルは、活動的で機能性が高いところが特徴。
なので、着物の裾を思いっきり短く着付け、ワークパンツにブーツを履きました。帯はせず、革のハーネスベルトをしています。
すべて黒でハードな印象の小物に、着物の赤が映えます。

ハーネスでたすきのように袖を上げ、裾からげ。
江戸時代の飛脚や旅人とシルエットは同じなのに、まるで近未来ファンタジーのニンジャスタイルにも見える着姿。
テクニカルなチャレンジコーデです!!

コーデに使用した商品はこちらからチェック☆↓↓
============================================
着物:ラインカラー 灰色×赤
ブーツ:袴用ブーツ 黒色レースアップブーツ
その他小物:スタッフ私物
============================================

ちなみに、スタッフ夏のあまりの格好良さに撮影隊のテンションも最高潮↑↑
神写真がたくさん撮れましたので、何かの機会にご披露できればと思います。

商品をよく知るスタッフならではの町コーデ、WEARで随時更新中です。
ブログでも詳しくご紹介いたします。
興味を持った商品は、ぜひチェックしてみてくださいね☆

0