七五三ってどんな行事?いつするの??

2020年5月31日



20150909-1

七五三特集はコチラ♪

こんにちは!きもの町スタッフヤマジです。

当店でお問い合わせの多かったご質問などをご紹介していきたいと思います!

今回は、『七五三ってどんな行事?いつするの?』について。

七五三は男の子は5歳、女の子は3歳と7歳にあたる年に氏神様に詣でる、お子様の成長を感謝する行事です。

3歳、5歳、7歳という節目の年に、健やかな成長を感謝し、これからの成長を祈願します。

3歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、
5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳は女の子が着物の帯を使い始める「帯解(帯祝い)」の祝いとして行われてきたようです。

七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代に武家、公家などを中心に広まったとされていて、一般に親しまれるとようになってのは、明治頃といわれています。

現在では、11月15日が正式な日となったようですが、決まりではありません。
それにこだわらずに、10月や11月中のいずれかの土・日・祝日
ご家族のご都合に合わせて決める事が多いようです。

現在では、寒い季節ではなく、オフシーズンの春に七五三詣りや、前撮りをすませてしまう、という方も増えているそうです。

写真撮影の料金も手ごろで、混雑も避けられますし、11月~生まれのお子さんだと、数え年だと幼すぎたり、満年齢だと少し大きくなり過ぎた…など、お子さんによって色々な事情もあると思います。ご家族で相談されて、決められるのが良いですね。

お祝いをする年齢は本来は数え年ですが、住む地域によってしきたりや習慣もありますので、例えば、年齢にこだわらずご兄弟で一緒にお祝いをすることも。

ご兄弟の七五三の記念に、一緒に二回目の七五三をされても、とっても良い記念になりますよ!

お祝いをするお子さんの成長に合わせて、お子様が楽しんで良い記念になるようにお祝いできると良いですね♪

0