4月の着物イベント情報 ~入学式・お花見シーズン♪~

2020年4月10日入学式きもの町オリジナル


こんにちは、京都きもの町です!

4月になり、全国各地で続々と、桜の開花ニュースやお花見情報が流れていますね😊

ポカポカ陽気と桜に誘われて、あちこち出かけたくなる季節がやって来ました♪

春ですね🎵🎵

京都の桜は例年より少し遅めという予報どおり、やや出だしはゆっくりでしたが、
ここ数日で早咲きの桜の木は見ごろを迎え、つぼみが膨らむにつれて、観光客の方もどんどん増えてきました!
観光シーズンのピークを迎えた春の京都には、着物を着て散策されている方もたくさんいらっしゃって、この時期は街全体がぱっと賑やかに、華やぎを増します🌸

皆さまのお住まいのエリアの桜はいかがでしょうか?

さて今回は、4月の着物に関する行事と、着物でお出かけしたくなるイベント情報
ご紹介します❗️

  • 入学式の季節です
  • やっぱりお花見!
  • 4月の主な行事
    (新宿御苑 春の特別開園/都をどり/浅草観音うら一葉桜まつり/
    長浜曳山まつり/弘前さくらまつり)

入学式の季節です

4月といえば、入学式シーズン

満開の桜のもと、晴れ晴れとした新入生たちの姿は、
まさに春を代表する光景のひとつですね。
気候のよい時期なので、入学式・入園式の付き添いを機会に着物を着られる
お母様も、たくさんいらっしゃることと思います。

なんといっても訪問着は春の華やかなシーンで映えますし、
何より美しい着物姿のお母様は、お子さまにとっても嬉しく、
「自慢のお母さん」に見えると思います😊

「子どもの入学式(入園式)、どんな着物を選べばいいの?」

お着物選びの際に、お母さまからきもの町へ、そんなご質問をいただくことがあります。

やはり当日の主役はお子さまですので、
お母さまには、派手さを抑えた色柄のお着物をお選びになることをおすすめしています。

淡い色合いの訪問着は、とても品よく着ていただくことができますし、
また春らしく、桜の模様が入った着物も華やかでステキですよ!

きもの町の訪問着ラインナップはコチラ ↓✨✨✨

http://www.kimonomachi.co.jp/fs/kimonomachi/c/houmongi

きもの町ではお届け後すぐにお召しいただけるお仕立て上がりの訪問着を取り扱っております。サイズが合えば、大変お値打ちなお品物ばかりです!

▼おすすめ お仕立て上がり訪問着単品
結婚式やパーティーなどのお呼ばれの席に。ハレの日用に準備しておきたい訪問着
例えば、こんな商品がございます。

「ピンク×グリーンぼかし 桜」001396a 「薄桜色 道長取りに吉祥草花」004720a 「薄黄色 波に菊花、桜楓」007265a

着用までにお時間があるのでしたら、未仕立て品からお選びいただき、
ジャストサイズでお仕立てされるのも、もちろんおすすめです☆


やっぱりお花見🌸🌸🌸

さて、この時期楽しみな行事といえば、忘れてはならない「お花見」!

京都にもたくさんの桜の名所があります。
そのうちのひとつ、豊臣秀吉が盛大な花見を行ったことでも知られる、醍醐寺の花もちょうど今週あたり、見ごろを迎えるのだそうですよ。
歴史上の話や美術品などにもたびたび登場しているとおり、昔から日本人にとって花見は、春に欠かせない重要な行事ですよね。

ここ最近は、花見を目当てにやって来られる外国人観光客も急増して、
新たな盛り上がりを見せている一大イベントというかんじがします!

またこの時期、街では桜の花がデザインされたグッズをよく見かけますね~
(スーパーやデパ地下に並んでいる、春限定の桜味のお菓子も😋)

日本中に春の訪れを告げる、桜。

和装で「桜模様」は通年使えるのですが、
やはり4月は春爛漫♪ 桜モチーフを取り入れたコーディネートを楽しんでみたいものですね!

▼おすすめ 桜アイテム


きもの町オリジナル 京袋帯「カラフル 桜と楓」
白地の全面に、桜と楓が重なり合うようにして敷き詰められた柄が賑やか。オレンジ・黄緑・ピンク・赤とカラフルな色をたっぷり使ったこんな帯なら、どんな着物に合わせても明るさを引き立ててくれそうです。

桜モチーフの髪飾り♪

「ゴールド×象牙調白系桜 サンゴパール、ラインストーン」001396a 銀杏型かんざし「螺鈿 べっ甲調 蝶と桜」         004720a  かんざし「象牙調白色×珊瑚風ビーズ 桜」        007265a

4月の主な行事

桜の開花と合わせて、全国で春らしい行事が目白押しの4月。
春の陽気に誘われて、わざわざ足を運んでみたくなる賑やかな行事も、各地でいろいろと行われるようですよ♪

■新宿御苑 春の特別開園/東京都新宿区
4月24日(月)まで (期間中は無休で開園)
東京でもとくに人気のある桜の名所。ソメイヨシノや山桜など、1,000本を越える桜の花が都心で見ることができるとあって、期間中は連日大勢の見物客で賑わいます。アクセスもよいので、着物でちょっと立ち寄ってみるのにもよいですね!

■都をどり /京都府京都市 
2017年4月1日(土)~23日(日)※期間中、休演日あり 
明治5年に第一回目の公演が行われ、以降、京都で続いている「都をどり」。 
艶やかな芸舞妓の競演が、京都に春の訪れを告げる行事です。 ステージ上の華やかさはもちろんのこと、客席にも着物姿の方が多いですよ。 2017年は、毎年行われていた会場・祇園甲部歌舞練場が耐震対策工事を行うことになり、初めて京都芸術劇場「春秋座」(京都造形芸術大学内)で上演されているのも話題です。 

■浅草観音うら一葉桜まつり /東京都台東区 
2017年4月8日(土) 
近年、外国人観光客にも大人気の観光地・浅草で行われている春のお祭り。 一葉桜が咲く並木通りを練り歩く、華やかな江戸吉原おいらん道中が見どころなのだそうですよ!お花見を兼ねて見学に行ってみたいですね。 

■長浜曳山まつり /滋賀県長浜市 
2017年4月13日(木)~17日(月) 
安土桃山時代に豊臣秀吉が男子の誕生を祝った行事が、その始まりと伝わる祭りです。豪華絢爛な曳山と、大人顔負け・本格的な子供歌舞伎が見もの。 子供歌舞伎上演は4月15日。 

■弘前さくらまつり /青森県弘前市 
2017年4月22日(土)~5/7日(日) 
日本さくら名所100選に選ばれている弘前城跡・弘前公園の桜をたっぷりと満喫することができる「さくらまつり」。期間中は日本最古のソメイヨシノをはじめ、たくさんの桜の木の元でのお花見を楽しみに大勢の人が集まり、賑わいます。

着物:グリーン椿 帯:カラフル桜と楓

お花見ができるところや、お花見に関連した行事なら、日本全国・・・
すぐお近くでもきっと行われていると思いますので、着物を着てお出かけされる機会が増えるといいですね♪

それでは、また次回・・・5月のイベント情報をご紹介する予定です🌞

1