スタッフの休日―お人形の浴衣作り


手ぬぐい生地のお人形浴衣

こんにちは、きもの町スタッフK池です。
この夏、地元の友人とメッセージをやり取りしていたところ、子どもちゃんのお人形の浴衣を縫うことになりました。

送られてきた布地がこちら。手ぬぐいハンカチの生地です。
30cm×40cmくらいか……あまり大きさがありません。
そして柄のお花が大きい!

出来ればお花がちゃんと見えるようにしたい、でも用尺にゆとりがないので無駄なく裁ちたい。
これは難しいな~~と悩みながら、裁ち方を考えます。
あらかじめ、友人に測ってもらったお人形の寸法と、インターネットで調べたサイズで型紙を作っておいたので、それを置きながらあーでもないこーでもないと検討します。

裁ち方のイメージはこうです🤔

イメージなので粗い線引きとなっています……


もしくはこう?

身ごろは別衽ではなく、前身ごろと一続きにし、つまみ衽にします。
最初の方は、袖丈があまり出せません。ですが、幅は十分取れますし、お花が上前と後ろの肩、下前の胸に出ます。
2番目の方は、袖丈が長く取れるのでかわいい浴衣になります。ただ、幅がギリギリです。衿は長さが足りないので、2枚取って真ん中で縫い合わせることになります。
悩みましたが、最初の方で行くことにしました。

裁ってしまえば、後戻りはできません。
ほつれ止めをし、印をつけて、あとは縫うだけです。
ひたすら縫って折って縫って折って……進めるのに夢中で、途中経過を撮り忘れました。

出来上がったものがこちらです。

実は2枚!!

なんとかお花を出すことができました。
寸法通りに縫ったものの、本当にこれで合ってるのか分かりません。
実際に着られなかったらどうしよう。
短い!手が通らない!衿の開きが小さいor大きいといった問題があるのでは……

ということで、スタッフJD家のレミンちゃんに試着モデルをお願いしました。
(調べたところ、友人宅のお人形とほぼ同じサイズでしたので。)

おっ!ピッタリなのでは?

これはとてもカワイイのでは??
サイズや着脱の使用感に問題はないようです。
レミンちゃんに合わせて揚げや付け紐の位置を確認し、最終仕上げです。

そしてとうとう完成!
しかし、完成したところは撮り忘れました。早く送ってあげようと焦っていたもので……
小さくてうまく縫えなかったところもありますが、着用には問題ナシ。
間違いなく国内手縫い仕立てのお人形浴衣です!😁

頑張った甲斐あって、友人宅の子どもたちにも喜んでもらえたようでした。
友人宅での様子。

リボンの帯は友人が用意したものです。
まだ帯を巻いたり結んだりが難しい子どものために、マジックテープで着脱可能にしているそうです。
二重のリボンが凝っていてカワイイですね!
今年はお祭も花火大会もないので、お家でお人形とお祭ごっこをして楽しんでくれている様子。
楽しい夏の思い出に一役買えたことで、こちらもうれしくなりました。

作ってみたい!きもの町オリジナルお人形浴衣

せっかくお人形の浴衣の作り方をマスターしたので、きもの町の子ども浴衣生地で作ってみたい!
きもの町オリジナル浴衣の端切れがあれば、JD家やKr家のお人形に着せてあげられる!
と思い浮かんだものの、残念ながら使ってもいい端切れはありませんでした……。

Kr家のお人形
これはマス見本なので使ってはいけません

今回は、きもの町新作ドール浴衣を作ることはできませんでしたが、また機会を探したいと思います。
子ども浴衣がサイズアウトしてしまった時に、思い出としてお人形用に作り直しても素敵ですね。 

着物掘り出し市で、B品や端切れの販売もあるので探しに行こうかな♪
掘り出し市情報はコチラ

また、かわいく作れたらご紹介いたしますので、ご覧いただければうれしいです。
それでは!

1