カテゴリー別アーカイブ: 着物コーディネート

はじめて着物:半幅帯のすすめ


今年は着物を着てみたい!

だけど、帯結びが分からない……お太鼓結びは大変そう。
そんな時は、まずはカジュアルに半幅帯から着物を始めてはいかがでしょう。
今日は半幅帯についてご紹介します。

*半幅帯とは*

並幅の半分の幅の帯のことです。現在、袋帯などは並幅(約36cm)の帯を半分に折って体に巻きます。
半幅帯はその一般的な帯地の約半分の幅、そのまま胴に巻いて簡便に結ぶ帯です。

上が半幅帯、下は京袋帯です。

半幅帯は、普段着用、または羽織や打掛、袴の下に締めるなど、略式の帯として使われてきました。
略式の帯ですので、夏のカジュアル着である浴衣にも半幅帯が使われます。
むしろ今は半幅帯といえば浴衣の帯というイメージが強いかもしれません。
ですが、半幅帯イコール浴衣専用の帯というわけではありません。

ご説明した通り、普段に結べるカジュアルな帯という位置づけです。
軽く、簡単に締められるので、浴衣から着物への第一歩にはぜひ!
半幅帯から着物に慣れていただきたいです!!

*着物に合わせてもいい半幅帯とは*

半幅帯イコール浴衣専用ではない……では浴衣用に購入した半幅帯を着物に合わせても大丈夫?

下記のような帯なら着物にも合わせやすいです。

  • 小袋帯といった袋状に二重になっている帯
  • 素材や織りがしっかりしている帯
  • 素材感や色柄が着物に合っているもの

小袋帯とは、裏地がついて袋状になっている半幅帯です。布が二重になっており、しっかりとした質感なので、袷の着物に合わせてもバランスよく合います。

袋状に二重になっている小袋帯。

参考商品↓

「リバーシブル 市松 ホワイト 白×グレー」

「蝶 エクルベージュ」

「リバーシブル 変わりストライプ ブラック 黒×白」

これらは便宜上「浴衣帯」という商品名になっていますが、着物にもOKです。 どれも裏地の付いた小袋帯になっており、しっかりとした質感があります。

両面使える小袋帯「リバーシブル市松ホワイト」
スタッフコーディネートでも大活躍!

素材はポリエステルなど。
織で市松模様や蝶などが表現されており、通年OKな色柄です。
ポリエステルの洗える小紋などにぴったり!軽快に締められる半幅帯は、オシャレ着のコーディネートにおススメです。

反対に、着物にはNGな半幅帯は以下のようなものです

  • 浴衣用の単の帯
  • 素材、色柄が着物に合っていないもの(夏の柄を袷の着物に締めるなど)

単(ひとえ)の帯とは、裏地のついていない1枚布の帯です。
裏地がなく薄手ですので夏の浴衣にはバッチリ!ですが、着物に締めるにはつり合いません。
長さも短めに作られていることが多いので、変わり結びでオシャレをしたいときにも不向きです。

奥:浴衣用の無地単帯
手前:小袋帯リバーシブル変わりストライプ黒

例として袷着物に浴衣用の単帯を巻いてみました。

着物に比べて質感が薄く、色も浅く見えます。 帯だけ浮いた印象になりますね。

夏の素材である麻の半幅帯なども、秋から春に着る袷着物には合いません。

麻帯は夏着物にはOK

袷着物には、やはりしっかりとした小袋帯がおススメです。

無地であっても織の質感がありますので、縮緬の立体感のある着物や帯揚げにも負けません。

いかがでしょうか?

着物を着てみたいけど、帯はどうしたら……
そんなときは、浴衣用に購入した半幅帯をチェックしてみてくださいね。
または、浴衣の帯を購入するときに、着物にも合わせられそうな半幅帯をご検討されてはいかがでしょう。

きもの町では、かわいい半幅帯が続々入荷中!

☆半幅帯はコチラ☆

お気に入りを見つけて、今年はぜひ着物でお出かけしてくださいね!

次回は、半幅帯のコーディネートや結び方をご紹介します。

2

着物コーディネート4:スタッフSのパーティーコーデ


たくさんの商品を取り揃えている京都きもの町
京都きもの町で働くスタッフのコーディネートをご紹介する町コーデ!
今回はパーティーシーズン向けの2コーデをご紹介します。

「自由自在に着物を楽しむドレスカジュアルコーデ」

======================
スタッフ:S
身長:約160cm
裄:約67cm
======================

*1*

「牡丹に唐草 藤色」

牡丹は、中国では「百花の王」「富貴の花」と貴ばれ、日本でも豪華で権威のある花として様々に文様化されてきました。
その牡丹を唐草文と組み合わせた「牡丹唐草文」は、文様としての歴史も古く、着物の伝統的な柄として現代にも伝わっています。

きもの町の新作袷着物「牡丹に唐草」は、伝統的な牡丹唐草をモダンに、スタイリッシュに仕上げたデザインです。
ふんわりとした牡丹のお花に対し、シャープな黒いシルエットの葉が大人っぽく、華やかさと格好良さのバランスが絶妙です。
地の藤色も、ややグレイッシュな落ち着いた色合いで、どこか都会的な印象。

小紋ですので普段着や、カジュアルシーンのちょっとしたお出かけに。
また柄の華やかさを活かしてお友達とのパーティーやお正月の初詣など、
ドレッシーなワンピース感覚で着て頂けます。

***

今回は大人気の「牡丹に唐草」を、お出かけ向きのキレイめコーデで。

淡いベージュの小袋帯に、同系色のオパール調の輝きのある帯留、控えめなピアスでキラキラと輝きを添えてドレッシーな雰囲気に。
着物の牡丹と近い色のネイル、小花と同系色のマスタードのストールであたたかみをプラス。
ミントカラーの帯揚げはややグレイッシュな色合いで、全体と調和しながらコーディネートのアクセントとなっています。

アクセサリーやメーク、小物の色は、着物に使われている色とそろえると統一感が出ます。
とはいえ、同じ色ばかりはつまらない!
そんな時はトーンを同じにすると上品にまとまりますよ。
主張と調和のバランスが大人コーデのポイントです。

帯結びは蝶をイメージして大きく羽をひろげたアレンジで。
キリッと夜会巻風のまとめ髪と華やかアレンジの帯が引き立てあう後姿です。

年末年始のお出かけやパーティーは、華やぎとスタイリッシュさを合わせ持つ「牡丹に唐草」で決まりです!
着物のデザイン同様、華やかさと格好良さのバランスコーデを楽しんではいかがでしょう。

コーデに使用した商品はこちらからチェック☆↓↓
============================================
着物:着物単品「01牡丹に唐草藤色」サイズL
帯:帯単品「蝶 エクルベージュ」
帯揚げ:ラミエールNo.141
帯締め・帯留め:「帯留2・三分紐ベージュ」 ※三分紐売り切れ
草履:ウレタン草履「グレー ドット」
ストール:スタッフ私物
============================================

 

*2*

「葡萄 えび茶色」

葡萄が大きな葉と蔓をリズミカルに広げたデザイン。
アンティーク風の雰囲気や、季節の移ろいを感じさせる深みのある色合いが魅力の着物です。
葡萄文様は、古くから世界中で豊穣や繁栄の象徴とされました。
本物のブドウの季節は関係なく、縁起のいい柄として着て頂けます。

ワインカラーの「葡萄えび茶」は、洋風のコーデとも相性抜群!
小ぶりの実も、ワイン用の葡萄のようにも見えます。

図案化された総柄の着物ですので、そういうテキスタイルのワンピース感覚でコーデを楽しんでくださいね。
洋風のドレッシーなコーデで、ワインバーなどに出かけても素敵ですね

***

襦袢はなしでカットソーをインナーにしています。
冬はハイネックのインナーにすると首元あったかですし
ビジュー付きなどであればより豪華に。
カジュアルコーデの時は洋服のインナーを上手に取り入れてみてください。

帯揚げも千鳥格子で洋風に。
三分紐は着物と同系色の赤紫でまとめました
帯留に見えるのは、ポニーフックの髪飾りです。フックを三分紐に引掛けています。
他に、長いタッセルのピアスなど洋服用のアイテムをそのまま使っています。

今回は一般的な帯結びですが、
ベルト等を使用して『帯結ばない帯結び』で仕上げても◎

足元はきもの町オリジナルのブーツで歩きやすく。
ブーツやパンプスの時は、裾を短めに着付け、
レースのアンダースカートなどと組み合わせても素敵です。

着物の町京都では、伝統的な着こなしだけではなく、普段のオシャレ着として自由に着こなしている方も多く見かけます。
着物も洋服も大好きだからこその、こだわりのオシャレでお出かけしてください!

コーデに使用した商品はこちらからチェック☆↓↓
============================================
着物:着物単品「04葡萄えび茶色」サイズL
帯:帯 「リバーシブル市松 ホワイト白×グレー」
帯揚げ:柄帯揚げ「黒×白 千鳥格子」
ブーツ:ブーツ 「 茶 ブラウン」
その他小物:スタッフ私物
============================================

すっきりと上品に、または洋服ミックスで個性的に

華やかなお出かけの増える年末年始、
いろいろなコーデにチャレンジしてはいかがでしょう?

***

12/19から12/26まで大感謝祭開催!
きもの福袋をお得にお求めになるチャンスです!!

※ご利用には会員登録が必要です※

商品をよく知るスタッフならではの町コーデ、WEARで随時更新中です。
ブログでも詳しくご紹介いたします。ご興味のある商品は、ぜひチェックしてみてくださいね☆

0


着物コーディネート3:町スタッフKrのお出かけコーデ


たくさんの商品を取り揃えている京都きもの町
京都きもの町で働くスタッフのコーディネートをご紹介する町コーデ!

今回はこちら

「秋のお出かけ★レトロカジュアルコーデ」


======================
スタッフ:Kr
身長:約155cm
裄:約65cm
======================

新作袷着物「葡萄 紺」をアンサンブルで

和装では、着物と羽織のセットをアンサンブルと呼びます。
紬やウールのアンサンブルは昭和の中頃にとても流行しました。
今回はアンティーク調の雰囲気の柄をいかして、思いっきりレトロに!

帯はリバーシブルの半幅帯(小袋帯)の市松模様の面を表に。
アイボリー系の白の帯はどんな着物にも合わせやすく、コーデに大活躍です。
すっきりとまとめても素敵ですが、アクセントに黄色の帯締めをつけました。
着物と羽織の紺色の反対色を使うことで、パッと明るく際立ちます。

サイズはLサイズの羽織を着ています。
身長約155cm、裄約65cmのKrが着ると、丈は裾がふくらはぎに届くくらい、袖はやや手に掛かります。
サイズ感のご参考にして下さいね。

***

新作「葡萄 紺」

深い紺地に、葡萄が大きな葉と蔓をリズミカルに広げたデザイン。アンティーク風の深みのある色合いが魅力の着物です。

大胆なデザインが魅力的ですが、柄の大きさも絶妙なんですよ。
大きな葉と地のバランスがほどよく、蔓が視線の流れを作ってくれるので、アンサンブルで着ても柄に埋もれる!感がありません。

(スンナリとしなやかに見せてくれます)

柄のバランスの他に、もう1つのポイントは小粒の実です。
みずみずしい大粒の実では、ブドウの旬の時期のイメージになってしまいそう……ということで、少し控えめな大きさに。
初秋の実り始めにも見えますし、冬の霜にあたってギュッと締まった実のようでもあります。
ほんのり黄緑色と赤紫の葉の色も、季節の移ろいを感じさせます。
長く季節感を楽しみながら着ていただきたい!そんなデザインの着物です。

細かな地紋のある生地ですので、光のあたり方や体の動きに合わせて、奥行きのある表情を見せてくれます。

***

ブドウ柄の着物
深みのある色合いのくるみの籠バッグ、
お花や木の実の柄のウレタン草履で
秋の実りコーデでお出かけです。

皆様も、ぜひ自分だけのベストコーデでお楽しみくださいね☆

コーデに使用した商品はこちらからチェック☆↓↓
============================================
着物:洗える着物単品「08葡萄 紺」サイズL
羽織:羽織単品「08葡萄 紺」サイズL
帯:「リバーシブル市松ホワイト 白×グレー」
帯揚げ:ラミエールNo.176
帯締め:三分紐 長尺「黄×生成り」(2本使用)
草履:ウレタン草履 花模様柄
籠バッグ、レース足袋、羽織紐:参考商品
============================================

福袋セットの場合は決まった組み合わせとなりますが、単品販売もございます!
お気に入りの柄は着物でも羽織でも楽しみたい!
そんな時は単品で組み合わせるのをおススメします。

商品をよく知るスタッフならではの町コーデ、WEARにて随時更新中です。
ブログでも詳しくご紹介いたします。興味を持った商品を、ぜひチェックしてみてくださいね☆

1


着物コーディネート2:町スタッフジョウダイの桜の小紋コーデ


たくさんの商品を取り揃えている京都きもの町
その京都きもの町で働くスタッフのコーディネートをご紹介します!

今回はこちら

「秋冬も華やかに!桜コーデ」

======================
スタッフ:ジョウダイ
身長:150cm
裄:60㎝
======================

きもの町の新作袷着物「水色 桜」

着物は水色の地に、淡いベージュの桜の花とグリーンの葉。全体的に落ち着いた色合いで、アンティーク調の雰囲気です。

今回はアイボリーの半幅帯、落ち着いた黄緑色の帯揚げと、着物の色みに合わせた統一感のあるカラーでまとめました。
半幅帯はリバーシブルですので、裏面の黒のボーダーを出して引き締めます。

とっても可愛らしい桜の花柄、スッキリとしたカラーコーデの中に、ピリッと個性を効かせた大人のカジュアルコーデです。

絶妙な色調の着物ですので、光の具合で見え方も変わります。
外の自然光では、水色の爽やかさが引き立ちます。

帯は、みやこ結びやリボン返しと言われる結び方です。
文庫結びより大人っぽく、ヒラリと揺れるたれが優しい帯結び。
帯枕などは使わないので楽チンです。軽快にお出かけしたくなりますよ。

***

今年の新作着物の中でも、スイートな雰囲気の桜の着物。
アンティーク着物のような陰影や深みのあるデザインを目指しました。
全体的に黄色みを帯びており、やわらかく懐かしさを感じさせる色合い。
大ぶりのお花が咲きこぼれる柄ですが、けして甘すぎないのは地のストライプの効果です。
縦のラインによって、花柄をさりげなくスッキリと見せています。
試しに、簡単にですが無地にしてみました。

(サッと塗りつぶしただけ)

いかがでしょう?
無地でもカワイイ……ですが、カワイイだけかも?
お花のふんわり感は引き立ちますが、スッとした抜け感がありません。
ほんの少しの違いですが、ストライプがあることで大人っぽいシャープな印象が備わっているのが分かります。
大人のかわいさを求めている方にオススメしたい着物です。

***

お花の柄で気になるのは「季節感」
桜の花模様の着物は、いつごろ着るのが適切なのでしょう?

今でもぜんぜん問題ありません!

四季桜、冬桜など、秋冬に咲く桜もありますので今が着頃です。
真冬になってからも、着物で花を添えて春の待ち遠しさを演出しても◎
一般的な春の桜シーズンも、沖縄では1月から北海道は6月ごろまで。
本州も枝垂れ桜や遅咲きの桜を入れると3~4月と案外長いんです。
何より、カジュアルなオシャレ着ですので、着たいときに着るのが一番!
いつでも、お気に入りのコーデで楽しんでくださいね。

コーデに使用した商品はこちらからチェック☆↓↓
============================================
着物:袷着物単品「03桜水色」
サイズ:L
帯:「変わりストライプ オフホワイト白×黒」
帯揚げ:「ラミエールNo.144」
草履:ウレタン草履「グレー ドット」
ストール、帯飾り:参考商品
============================================

なんと本日(12/4)よりきもの福袋クーポンセール開始です!

もちろん、この桜の着物もクーポン対象ですよ!
お得な機会をお見逃しなく☆

(クーポンご利用には会員登録が必要です)

商品をよく知るスタッフならではの町コーデ、WEARで随時更新中です。
ブログでも詳しくご紹介しますので、気になる商品はぜひチェックしてみてくださいね☆

0


イベント情報☆アンティーク着物のコーディネート2



こんにちは、京都きもの町です。
本日11月29日より開催のイベント、京都きもの町ショップ

その中の企画「きものフリーマーケット」から、出品予定の一品をご紹介します。

今回はスタッフもお気に入りのコチラです!!

※帯はスタッフ私物です※

深い青紫の地に、アイボリーの西洋風の唐草模様。大きな柄の合間にオレンジ、ベージュ、薄ピンクの色紙が舞っています。

アイボリーにグレーのぼかしが、大きな柄に奥行きを与えています。さらに、模様の輪郭などポイントに金のラインが入っており、繊細な華やかさがあります!

くっきりと冴えた青紫なのに、しっとりとした深みも感じさせる地の色。
大胆なのに単調な印象にならない模様。
アンティークならではの魅力ですね!

商品担当スタッフの、大のお気に入りの1枚なんですよ。

写真ではこの魅力を正確にお伝えすることが難しいので、ぜひ!ショップで実物を確かめていただきたいです。早い者勝ちです!

クリスマスパーティー、新年のお出かけなど、華やかな席に着てみたい素敵な着物……ということで、パーティーコーデでご紹介します!

※帯はスタッフ私物です※

白に近いクリーム色地に赤い刺繍の帯、緑の帯締めを合わせて、クリスマスカラーコーデ。
帯揚げなども洋風の柄で合わせました。
ふわふわのショールを羽織ってクリスマスパーティーにいかがでしょう。

帯揚げ→柄帯揚げ「黒×白 千鳥格子」
帯締め→ラミエール帯締め「濃い松葉色系」(No.149)

コーデ担当スタッフ取って置きの帯も合わてみました!

 

※帯はスタッフ私物です※

青紫の着物に引き立つオレンジ色系の色使い、洋風の大柄に繊細な更紗柄の帯がピッタリ。
このままずっと見ていたい、とても上品でドレッシーな雰囲気になりました。

大胆な柄行きの着物ですが、色数は少なめですので、どんな帯でも合わせやすく、雰囲気を変えて楽しんでいただけます。

皆様もお手持ちのお気に入りの帯や、取って置きの帯を合わせてみてくださいね。

ちなみにこちらの着物、おそらく適用身長150cm~160cm、裄は62cm程かと思われます。(先日ご紹介した矢絣の着物も同じくらいです)
背が高めの現代的な体型の方には、裄も身丈も足りないかもしれません。
参考までに、トルソーを身長165cmほどに調整して着付けてみました。
そうすると、どうしてもおはしょりは出せず、ほぼ対丈になります。

そんな時でも、少しの工夫でバランスよく着こなすことができますよ。

いかがでしょう?

半衿を多めに見せて、衿のV字を深くゆったり目に合わせます。刺繍や柄半衿などにするとより素敵ですね。

きもの町の半衿はこちら
☆イベントきもの町ショップでは「ちくちく半衿付け教室」も開催!ご参加お待ちしています☆

帯は、下の線が腰骨に乗るくらいの位置で締めます。さらに、1巻き目と2巻き目を少しずらして、帯幅が広くなるようにしています。
帯を低めにする分、帯揚げも多めに出して胸元の空間を埋めます。

短めの着物を着る時は、袖が上がってしまったり、おはしょりがないことで腰より下が間延びして見えたりするのが悩みどころ。
ですが、着物が小さいのを目立たせないようキッチリ着よう!と思うと、かえって短さが強調されてしまいます。
できるだけ帯は下目に、いろいろな小物は広めに出して、衿や脇を詰めないように…すとんとした「落ち感」を演出するのがポイントです。

パーティーなどでしたらこんな思い切ったアレンジも◎

話題の「帯結ばない帯結び」を参考に、京都きもの町の商品でコーディネートしました。

ひだを寄せて、たっぷりとボリュームのある結び方に。変わり結びの帯締めがアクセントになっています。
帯まわりを目立たせることで、対丈でもおなかやおしりが気になりません。
ひだのアレンジを左右非対称にして、視線の流れを作るとよりいっそうすっきりと見えますよ。

コーデ商品はこちら

半幅帯→帯単品「蝶 エクルベージュ」
帯揚げ→ラミエール帯揚げNo.3
帯締め→ラミエール帯締め「樺色系」No.140

※参考書籍「帯結ばない帯結び」(著:ayaaya様)

アンティーク着物が大好きな方にもぜひお越しいただきたいイベントきもの町ショップ!
コーデに大活躍のラミエール帯揚げ、帯締めも各色そろっております!
本日11月29日から12月1日まで!!
ぜひ遊びに来てくださいね!

↓詳しいイベント情報はコチラから↓

1