タグ別アーカイブ: 袴

昨年無事に(?)終わらせた、我が家の七五三の思い出


こんにちは、きもの町スタッフのイタノです

いよいよ10月に突入してしまいましたねー。
今年も残すところ、あと2か月と大体半分となってしまいました。早い………!!!

お子様のいらっしゃるご家庭におきましては、この時期はお祭りなどの地域行事をはじめ
運動会やバザーなどの学校行事や
ハロウィン・七五三の準備などのご家庭の行事が、もう目白押しではないでしょうか。

(´・ω・`){正直メンドくさいですよね

 
特に七五三!

 
前撮り写真を撮る直前やお詣りに行く直前になって
「あの小物が無い!!?」
「あの小物どこいった!!?」

ってのが無いように、心に余裕をもってお祝いしたいもんです。
(イタノ家は私がうっかりしがちなので、主人と一緒に3回見返しました)

そこで今回は、イタノ家で昨年祝われた波乱(?)の七五三の一部始終と
必要になった小物をご紹介しようと思います。

 

 
イタノ家の息子氏が5歳の七五三で着る予定の袴や着物は
彼が産まれた瞬間からもう既に決まっており
約30年ほど前に主人が着た着物や小物を全部そのまま使う事になっていたので
「そんな大仰な事言わはるくらいやし、さぞかし大事に保管されてるハズ…ハズやでぇ…」
と思ってたんですね。思ってたんですよ。

んで、状態やら裄丈やらを確認したくて、お祝い着一式の行方をお義母さんに訊きましたらば
羽織と着物と長襦袢が、プラスチックの衣装ケースの奥底で
グッチャグチャのだんご状態で保管されていました。

ちなみにこちらのだんご状態の羽織と着物、色無地五つ紋入りの本気の祝い着です

いやー…甘かったです(遠い目)。

そんなこんなで、お祝い着一式のメンテナンスを含めて
準備を始めたのは9月に入ってからでした。

羽織と着物と襦袢の裄丈を測ったら、子供の裄丈の方が長かったので
「肩上げを直さなきゃなー。」
「あと(グッチャグチャやし)クリーニングもお願いしなきゃ…」と思い
クリーニングと肩あげはきもの町の本社【豊彩(https://www.kyoto-hosai.com/)】でお願いしました。

 
次に小物類です。

→まず肌着は衿ぐりの広いシャツを持っていなかったので、思い切って着物用の新しいのを。

ピッタリサイズでした。
衿ぐりの広いTシャツや5分丈くらいまでの袖のシャツでも代用できると思います。
タンクトップでも代用できると思いますが、汗をかいた時に腕が長襦袢に貼りついた感じになってしまうかもしれません…。

→足袋はストレッチのきく白足袋に。靴下みたいに履けます。

当時、足のサイズが17cmほどだったので、足袋は15.0cm~16.0cm(実寸16.5cm)を選択。
表記サイズより少し大きめの縫製なので、実寸サイズを参考に選んで頂いたら
ダブつかず履いていただけると思います。

→腰紐は手持ちの大人用のをそのまま使用し、伊達締めは子供用のものを選択しました。

手持ちの大人用の伊達締めで試しに〆てみたんですが、全体的になんか大きすぎました…

→あとは半衿も新しい白いのを。

新しい白い半衿は、やっぱりスッキリ気持ちよく映えます。

 
さて、問題の袴セットです。

いかんせん、主人が約30年前に使って以来、ずーーーっと放置されてきた袴セット。

確認してみると時代の流れを感じますね。

羽織紐の房は時が経ちすぎて全然フサフサしておらず、
末広は全体的に黄ばんでて、軽率に広げたら壊れそうでとても怖くて持てません。

→なので、羽織紐を新調しました。

フサフサ度合いが比べ物になりません。めっちゃフサフサです。

→その流れで末広も新調しました。

約30年前の末広と比べたら、やはり白さの度合いが比べ物に(以下略)

草履に至っては
「約30年前の草履やし、経年劣化とかで鼻緒がスッポ抜けて怪我とかしたらアカンし、これだけは絶対新調しよう!!!」
と心に決めていたのですが
正直目を疑った一件
袴の生地と草履の表地(鼻緒含む)が、同じ生地で作られていたんですよね!!!

おかーさんビックリだ!!!(‘A`)

…という事で、草履の交換は諦めざるをえませんでした。

履く当日、鼻緒がスッポ抜けない事を祈るばかりです…

 
そんなこんなで、前撮りをつつがなく終了させて
渾身のドヤ顔
ドヤァァァァァァァアア

いざ、七五三のお詣りです!

着物と袴を必死のパッチで着付けてあげて
自分も母に借りた色無地を着て、いざ北野天満宮へ!!!
(※北野天満宮は菅原道真公をおまつりしている、全国の天満宮の総本社で
「学問の神様」「芸能の神様」として広く知られております)

前撮りの時はほぼ静止状態だったので気づかなかったのですが
草履を履いて歩くのに子供が慣れておらず
バタついたりして、とにかく歩きにくそうな様子でした。

→「あー、かかと留め付けときゃよかったなー」と痛感しました…

5歳男の子なので、オフホワイトLLで丁度いい感じになったんじゃないかなと思います。
女の子用として赤色もあります。サンダル感覚で草履を履いていただけそうです。オススメですよ。

全体を通してみると、お下がりのお祝い着や小物でも買い替えの必要なもの・お直しの必要なものを
ちゃんと見返す事が出来てよかったな~と思いましたので
早めの準備・早めの見返し、ホンマにオススメです!

あ、鼻緒はスッポ抜けずにすみましたよ!!よかった!!!

 

 
さてさて、今回は(前半波乱の)イタノの七五三の思い出を書いてみましたが
いかがでしたでしょうか。

今回は男の子のお話となりましたが、女の子だと
「2年前、お姉ちゃんに着せた被布着物の、被布飾りがいつの間にか無くなってた…」
といった話を、お電話などのお問い合わせでよくお伺いします。

今年3歳の女の子の七五三を迎えられるご家族で、おさがりの被布をお考えの皆さまは
被布飾りの「左右がちゃんと揃っているか」「色褪せてはいないか」など
早めのチェックが必要かと思います(`・ω・´)

きもの町には現在6種類の被布飾りがあります。

着姿の目立つ部分になるところになりますので
左右の揃った、キレイな被布飾りで七五三をお祝いしてあげたいですね♪

ではでは、イタノでした(*´ω`)ノシノシ

0

卒業式の袴に☆きもの町のオリジナルブーツ☆


先週末から全国的にこの冬一番の厳しい寒さとなりましたね!
きもの町がある京都市中心部あたりでは雪が降ってもあまり積もることはないのですが、
今回は珍しく、屋根の上も道も真っ白に!しっかりと積もりました⛄️ ⛄️ ⛄️

1月2月はまだしばらく寒い日が続きますが、少しずつ春が近づいている時期でもありますね♪

春と言えば、🌸卒業式のシーズン🌸

袴姿は日本の女学生らしい雰囲気があって、
可愛さはもちろん、どこかきりっとした印象もあって……やっぱりすごくいいものですよね^^

きもの町では、卒業式の袴スタイル向け商品をたくさん取り揃えております。

袴に合わせたい髪飾りや重ね衿、きんちゃくなどなど

袴の着付け&コーディネートにお役立ちの商品は
ぜーんぶこちらに揃ってます♪♪♪

京都きもの町 袴スタイル2017

▼なかでもイチオシはブーツ☆☆

▼小学生の卒業式に!キッズサイズ!!

【豊富なサイズ展開】なので、かならずピッタリのサイズを見つけていただけるはず☆
とくに、お子さまの場合は履きなれないヒールで転ばれたりしないように・・・
サイズの合ったブーツをお選びくださいね。

サイズのほかにも、すみずみまでこだわりがいっぱいのオリジナルブーツです。

ここがオススメ!きもの町のオリジナルブーツ
☆★10のこだわりPoint★☆

1.足首がチラチラ見えない 【絶妙な筒の長さ】
袴とブーツの間から素足が見えないように、丈感にこだわりました!
何と言っても着姿がキレイですし、防寒対策にも◎。

2.スッキリ、【美しいシルエット】☆
前からも後ろからも、足を細く長く見せてくれるカタチを追求しました!

3.【マットな質感】が上品
本皮のようなシボ感のフェイクレザー。
ピカピカ光らないマットな質感が袴姿によく似合います。

4.歩きやすく足が疲れにくい【6センチヒール】
歩きやすく足が疲れにくい、けどキレイに見せることも考えて作った高さなんですよ♪

5.ふわふわ優しい【やわらか素材】
インナー部分のクッションのおかげで、履いた瞬間からふわふわの履き心地を実現!

6.滑り止め付き、安心の【ソール】
雨の日に履いても滑りにくいので、だいじょうぶ♪

7.パカッと開くサイドファスナーで【着脱が楽チン】!
靴紐を解かなくても大丈夫♪ サイドジップのファスナーが靴底まで、ぱかっ!と開くから着脱も楽チンですよ~。

8.【インソールクッション】が足に優しくフィット
やわらかいインソールクッション入りで、疲れやすいかかと部分を守ります。

9.Renewal!靴紐が長~くなりました!!
たくさんのお客様の声にお応えして、
これまでのきもの町オリジナルブーツよりも、今年は紐をさらにバランスよく、長くしました!
3~5cm長くなっているので、調節しやすくなってます☆

10.普段使いにも大活躍♪
シンプルなデザインだから、カジュアル着物やお洋服にもコーディネートしていただきやすいですよ^^
イチオシの理由、お分かりいただけましたでしょうか?

こだわりPointについて画像とともに詳しくご紹介していますので、
ぜひぜひ一度、↓商品ページ↓をCHECKしてみてくださいね!!

京都きもの町オリジナル
■黒色レースアップブーツ(S・M・L・LL・3L)

■キッズサイズ 編み上げブーツ(SS・SSS)

気に入っていただけると嬉しいです😊
Staff ムラカミ

1

七五三ってなにがいるの?(5才編)


こんにちは!きもの町スタッフヤマジです。

今回も、お問い合わせの多かったご質問などをご紹介していきたいと思います!
『七五三ってどんな行事?いつするの?』はコチラ♪
前回の、『七五三ってなにやるの?なにがいるの?(3才編)』はコチラ♪

今回は『七五三ってなにがいるの?(5才編)』です★

5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」のお祝いです。
5歳を迎えた男の子がはじめて袴を着ける儀礼で、無事成長して幼児から少年へ成長する節目をお祝いします。

753-5

こちらは、三歳の七五三ですが、袴でバッチリ決まっています★
三歳でも、袴をお召しになるととても良い記念になりますよ♪
もちろん、お参りの時は体の負担などを考えて被布コートもオススメです!

板野息子その1

板野息子その2

和装の場合、用意するものは、『着物・羽織り・袴・長襦袢・角帯・白扇・羽織りひも・お守り・懐剣・肌着・腰ひも・雪駄・白足袋』です。

男性の第一礼装は紋付羽織袴なので、紋を羽織や着物に入れられる方もいらっしゃるようですが、
七五三の場合なら、入れなくても大丈夫です。
レンタルの方も多いので、羽織を着ているお子様が増えているのかもしれませんが、
お宮参りの時の着物が有る方は、そちらを着て羽織なし、の場合も。

七五三にはもちろん、お正月や、5月5日の端午の節句の際に着ても記念になりますよね♪
普段に、なかなか着る機会はないものですが、やっぱり男の子の袴姿はカッコイイです!!

ご近所の神社や、有名な神社かを迷われたり、
早生まれなら数え年、違うなら満五歳などでされる方や、こだわりを持って数え年でされる方もいらっしゃいます。
七五三の年や神社を決めるのは、ご家族や地域の周りの方に確認されたほうが良いようです。

また、お着物は意外とあったかいものです。
インナーを着こまれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
地域や時期にもよりますが、汗をよく吸う、襟の開いたタンクトップだけの方もいらっしゃるようです。

当店でよく有るお問い合わせでは、

「お下がりで羽織を頂いたけど、直前になって羽織カンが無かった!」

などの、アイテムが一つ足りないような事があるようです。

元々お持ちのセットに足袋が付いてなかったり、用意していた足袋や草履を直前になって試し履きしてみたら足が大きかったり…

お下がりの場合などは、角帯やひもを別に直していて無くなっていたり、懐剣や白色の扇だけお参りの時に落としてきていた事に気づいたり…

小物だけ必要だというお問い合わせにお応えして、それぞれ単品のご用意もございます♪


男児アンサンブル着物セット「紺色ぼかし 鷹」
16,200円

男児袴セット「紺色 縞」男児 袴丈60cm お正月 5歳 (紺縞)
11,880円

半衿男の子用 「水色 ブルー」
648円

男児肌着単品「紺色 鱗」
2,850円

男児腰紐2本セット「紺色 鱗」
1,080円

ストレッチ足袋 6サイズ(12cm~22cm)【あす楽対応】【即日発送可】
874円

もっと色々見比べたい!そんな時は、こちらの特集でぜひお探しくださいませ♪


20150909-1

七五三特集はコチラ♪

0

七五三ってなにやるの?なにがいるの?(3才編)


こんにちは!きもの町スタッフヤマジです。

今回も、お問い合わせの多かったご質問などをご紹介していきたいと思います!

前回の、『七五三ってどんな行事?いつするの?』はコチラ♪

今回は、
『七五三ってなにをするの?なにが必要なの?』です。

七五三とは、お子様が健やかに成長されたお祝いの行事です。
正装で、お近くの神社で祈祷をあげていただき、参拝後はご家族でお食事などをされる方が多いそうです。
参拝の時間や詳細については、神社のHPなどにも七五三参りなどについて書かれている所もありますので、お問い合わせしてみるといいかもしれませんね。

今回は初めての七五三、3歳編です!

3歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」のお祝いです。
昔は病気予防のために髪を剃る風習があったそうで、無事3歳になり、髪を伸ばし始める事をお祝いします。

753-3

和装の場合、用意するものは『着物・被布・襦袢・ひも(着物に付いていて、必要ない場合も)・巾着・草履・足袋・髪飾り』です。

数え年で七五三をされるお子様だと、体も小柄なお子様もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時にお子様の負担にならない『被布コート』なら、帯を締めなくても華やかに可愛く、暖かく着て頂けます♪

男の子用もございます♪


男の子被布コート「紺青色矢羽 兜、小槌、丁子の刺繍」
14,480円

男の子被布コート「抹茶色 兜、小槌、丁子」
14,480円

三歳の七五三のご準備で、よく有るお客様からのお問い合わせでは、

「長襦袢の半襟って付けるの?」

という半衿についてのご質問をいただきます。
半衿が付いていない長襦袢につきましては、絶対につけないといけない訳ではございません。
お参りだけする為だったり、こだわりが無ければ付けなくても大丈夫です。
ですが、本来襦袢が汚れないように付けるものですし、お写真の見栄えも良くなるので、付けることをオススメします♪
お着物や、お子様の体つき、着付け方でも見える範囲が違いますが、
大体一センチ位は長襦袢の衿部分は見えるかと思いますので、付けておいた方が華やかで可愛らしいです♪

そして、そんな時によくご相談を受けるのが…

「半衿を付けるって、縫わないといけないの?」

というご質問。
難しくないので、ご安心下さいませ♪
簡単に波縫いしてもらって、縫い目は着てしまえば見えない位置になるので、お裁縫が苦手でも、お忙しい方でも、不安に思われなくても大丈夫なんですよ。

また、草履のサイズについても多数、ご相談をいただいております。
草履は足のサイズと同じまたは大き目の方がまた次の機会にも使えたり、履きなれない草履なので、大きい方が鼻緒が痛くないかもしれないので選ばれる方が多いようです。
鼻緒は、痛かったら、少しひっぱってあげて下さいね。
かかと止めが付いているものが人気です♪
初めてのお着物でご不安なお客様には…
足袋なども履きなれてらっしゃらないお子様には、足を締め詰めなくてラクチンな『ソックス足袋』というものもございます。

そして、お子様の髪の量がご心配のお客様に。
数え年で七五三をされるお嬢様で、まだ髪にボリュームが少ないという場合でも、クリップの髪飾りなどもございますので、女の子らしく、可愛らしいヘアアレンジをしていただけますよ♪

などなど、他にも、ご不安点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね♪

いちから全部そろえたいんだけど…そんなときは、
必要なものが全部揃う、セットになった商品もございます!


七五三被布セット「オレンジ 桜と毬」
20,196円

七五三被布セット「水色 桜と毬」
20,196円

七五三被布セット「黒色 疋田鹿の子、短冊に花の丸文」
20,196円

お下がりの着物があるけど、被布コートや髪飾りなど、小物だけほしいのだけど…
そんな時は、こちらの特集もご覧くださいませ♪


20150909-1

七五三特集はコチラ♪

0

七五三ってどんな行事?いつするの??



20150909-1

七五三特集はコチラ♪

こんにちは!きもの町スタッフヤマジです。

当店でお問い合わせの多かったご質問などをご紹介していきたいと思います!

今回は、『七五三ってどんな行事?いつするの?』について。

七五三は男の子は5歳、女の子は3歳と7歳にあたる年に氏神様に詣でる、お子様の成長を感謝する行事です。

3歳、5歳、7歳という節目の年に、健やかな成長を感謝し、これからの成長を祈願します。

3歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、
5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳は女の子が着物の帯を使い始める「帯解(帯祝い)」の祝いとして行われてきたようです。

七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代に武家、公家などを中心に広まったとされていて、一般に親しまれるとようになってのは、明治頃といわれています。

現在では、11月15日が正式な日となったようですが、決まりではありません。
それにこだわらずに、10月や11月中のいずれかの土・日・祝日
ご家族のご都合に合わせて決める事が多いようです。

また、お祝いをする年齢は本来は数え年ですが、住む地域によってしきたりや習慣もありますので、例えば、年齢にこだわらずご兄弟で一緒にお祝いをすることも。

ご兄弟の七五三の記念に、一緒に二回目の七五三をされても、とっても良い記念になりますよ!

お祝いをするお子さんの成長に合わせて、お子様が楽しんで良い記念になるようにお祝いできると良いですね♪

0