タグ別アーカイブ: 京都

昨年無事に(?)終わらせた、我が家の七五三の思い出


こんにちは、きもの町スタッフのイタノです

いよいよ10月に突入してしまいましたねー。
今年も残すところ、あと2か月と大体半分となってしまいました。早い………!!!

お子様のいらっしゃるご家庭におきましては、この時期はお祭りなどの地域行事をはじめ
運動会やバザーなどの学校行事や
ハロウィン・七五三の準備などのご家庭の行事が、もう目白押しではないでしょうか。

(´・ω・`){正直メンドくさいですよね

 
特に七五三!

 
前撮り写真を撮る直前やお詣りに行く直前になって
「あの小物が無い!!?」
「あの小物どこいった!!?」

ってのが無いように、心に余裕をもってお祝いしたいもんです。
(イタノ家は私がうっかりしがちなので、主人と一緒に3回見返しました)

そこで今回は、イタノ家で昨年祝われた波乱(?)の七五三の一部始終と
必要になった小物をご紹介しようと思います。

 

 
イタノ家の息子氏が5歳の七五三で着る予定の袴や着物は
彼が産まれた瞬間からもう既に決まっており
約30年ほど前に主人が着た着物や小物を全部そのまま使う事になっていたので
「そんな大仰な事言わはるくらいやし、さぞかし大事に保管されてるハズ…ハズやでぇ…」
と思ってたんですね。思ってたんですよ。

んで、状態やら裄丈やらを確認したくて、お祝い着一式の行方をお義母さんに訊きましたらば
羽織と着物と長襦袢が、プラスチックの衣装ケースの奥底で
グッチャグチャのだんご状態で保管されていました。

ちなみにこちらのだんご状態の羽織と着物、色無地五つ紋入りの本気の祝い着です

いやー…甘かったです(遠い目)。

そんなこんなで、お祝い着一式のメンテナンスを含めて
準備を始めたのは9月に入ってからでした。

羽織と着物と襦袢の裄丈を測ったら、子供の裄丈の方が長かったので
「肩上げを直さなきゃなー。」
「あと(グッチャグチャやし)クリーニングもお願いしなきゃ…」と思い
クリーニングと肩あげはきもの町の本社【豊彩(https://www.kyoto-hosai.com/)】でお願いしました。

 
次に小物類です。

→まず肌着は衿ぐりの広いシャツを持っていなかったので、思い切って着物用の新しいのを。

ピッタリサイズでした。
衿ぐりの広いTシャツや5分丈くらいまでの袖のシャツでも代用できると思います。
タンクトップでも代用できると思いますが、汗をかいた時に腕が長襦袢に貼りついた感じになってしまうかもしれません…。

→足袋はストレッチのきく白足袋に。靴下みたいに履けます。

当時、足のサイズが17cmほどだったので、足袋は15.0cm~16.0cm(実寸16.5cm)を選択。
表記サイズより少し大きめの縫製なので、実寸サイズを参考に選んで頂いたら
ダブつかず履いていただけると思います。

→腰紐は手持ちの大人用のをそのまま使用し、伊達締めは子供用のものを選択しました。

手持ちの大人用の伊達締めで試しに〆てみたんですが、全体的になんか大きすぎました…

→あとは半衿も新しい白いのを。

新しい白い半衿は、やっぱりスッキリ気持ちよく映えます。

 
さて、問題の袴セットです。

いかんせん、主人が約30年前に使って以来、ずーーーっと放置されてきた袴セット。

確認してみると時代の流れを感じますね。

羽織紐の房は時が経ちすぎて全然フサフサしておらず、
末広は全体的に黄ばんでて、軽率に広げたら壊れそうでとても怖くて持てません。

→なので、羽織紐を新調しました。

フサフサ度合いが比べ物になりません。めっちゃフサフサです。

→その流れで末広も新調しました。

約30年前の末広と比べたら、やはり白さの度合いが比べ物に(以下略)

草履に至っては
「約30年前の草履やし、経年劣化とかで鼻緒がスッポ抜けて怪我とかしたらアカンし、これだけは絶対新調しよう!!!」
と心に決めていたのですが
正直目を疑った一件
袴の生地と草履の表地(鼻緒含む)が、同じ生地で作られていたんですよね!!!

おかーさんビックリだ!!!(‘A`)

…という事で、草履の交換は諦めざるをえませんでした。

履く当日、鼻緒がスッポ抜けない事を祈るばかりです…

 
そんなこんなで、前撮りをつつがなく終了させて
渾身のドヤ顔
ドヤァァァァァァァアア

いざ、七五三のお詣りです!

着物と袴を必死のパッチで着付けてあげて
自分も母に借りた色無地を着て、いざ北野天満宮へ!!!
(※北野天満宮は菅原道真公をおまつりしている、全国の天満宮の総本社で
「学問の神様」「芸能の神様」として広く知られております)

前撮りの時はほぼ静止状態だったので気づかなかったのですが
草履を履いて歩くのに子供が慣れておらず
バタついたりして、とにかく歩きにくそうな様子でした。

→「あー、かかと留め付けときゃよかったなー」と痛感しました…

5歳男の子なので、オフホワイトLLで丁度いい感じになったんじゃないかなと思います。
女の子用として赤色もあります。サンダル感覚で草履を履いていただけそうです。オススメですよ。

全体を通してみると、お下がりのお祝い着や小物でも買い替えの必要なもの・お直しの必要なものを
ちゃんと見返す事が出来てよかったな~と思いましたので
早めの準備・早めの見返し、ホンマにオススメです!

あ、鼻緒はスッポ抜けずにすみましたよ!!よかった!!!

 

 
さてさて、今回は(前半波乱の)イタノの七五三の思い出を書いてみましたが
いかがでしたでしょうか。

今回は男の子のお話となりましたが、女の子だと
「2年前、お姉ちゃんに着せた被布着物の、被布飾りがいつの間にか無くなってた…」
といった話を、お電話などのお問い合わせでよくお伺いします。

今年3歳の女の子の七五三を迎えられるご家族で、おさがりの被布をお考えの皆さまは
被布飾りの「左右がちゃんと揃っているか」「色褪せてはいないか」など
早めのチェックが必要かと思います(`・ω・´)

きもの町には現在6種類の被布飾りがあります。

着姿の目立つ部分になるところになりますので
左右の揃った、キレイな被布飾りで七五三をお祝いしてあげたいですね♪

ではでは、イタノでした(*´ω`)ノシノシ

0

真夏の京都のおすすめイベント♪


こんにちは きもの町スタッフの村上です^ ^❗

毎日毎日暑いですね🌞💦

実はわたくし、7.8月のイベント情報blogをアップするタイミングをすっかり逃してしまいましたm(_ _;)m

本日は、勝手にイベント情報 番外編といたしまして、
真夏の京都のイベントをご紹介します!

夏の京都といえば、恒例行事として祇園祭五山の送り火が大変有名ですが、

それだけじゃあないんです‼

夏バテを吹き飛ばすような面白いイベントが色々あるんですよ♪

 

 まずは、『京の七夕』。 週末に行ってきましたー🌌

毎年、旧暦の七夕に行われているイベントで、
期間中は市内の会場に、七夕飾りやアート作品が並んだりします。

ライトアップされた装飾は、夕涼みがてらのんびり見て歩くのにもってこい。

堀川会場の様子です。天の川に見立てたキラキラのアーチがあったり

天の川に見立てた友禅染めを川に流した作品も。
水の流れが涼しげでした(^ ^)

 『京の七夕』は、8月11日まで開催中
二条城や北野天満宮、平安神宮周辺なども会場になっています。

記念撮影すると絵になるスポットがたくさんあります!
浴衣でお出かけするのがオススメです✨✨✨

あと、こちらも・・・・・・週末に行ってまいりました♪

今や京都ですっかりおなじみになった音楽イベント『西院フェスですっ。

このイベントの面白いところは、阪急線&京福電鉄の西院駅周辺の、「あらゆる場所がライブ会場」になってること❗️カフェなどのお店はもちろんのこと
神社の境内にあるメインステージや
某大型電気屋さんの軒先、幼稚園、そして走る京福電車の車内まで(!!!)

開催中、あちこちから生演奏の音が聞こえてきます!

好きなところで自由に音楽が楽しめるのがいいんです😁 🎵

しかしこの日、日中の気温は37度。。。暑かった。。。
今年は終わったのでまた来年☆
(今年は、秋も開催されるそうです!)

そしてもうひとつ、きもの町スタッフも注目しているイベントがあります。
五条坂 陶器まつり』です!

なぜ注目しているかというと・・・・・・
きもの町のオフィスから歩いて行けちゃう距離だからです^^

期間中、清水焼発祥の地である五条坂一帯に、焼き物を売る露店がずらりと並びます。モチロン、掘り出し物もいっぱい!

 五条坂 陶器まつり』は、8月10日まで開催中です。仕事帰りに行ってきま~す🏃🏃🏃

★ちなみにきもの町はただ今、 POINT UP×京都きもの町ポイントアップセールで熱く盛り上がっております😁❗
8月10日(木)01:59まで。ぜひチェックしてみてくださいませ!

 

1

京都の夏は熱い


こんにちは、きもの町海外スタッフのコウです。

皆さんは日本の夏と言えば何に思いますか?

私にとっては日本の夏はいろいろやりたい、体験したいイベントがたくさんあります!

今年は日本三大祭りと呼ばれている祇園祭りを行きました!

この祭りはなんと歩行者天国が現れました!そして、元々はバス専用道路での道が露天屋台が並んできました!

祇園祭り歩行者天国
2017祇園祭り歩行者天国の様子

さすが日本の三大祭り、とにかく人が多い、熱い、わくわく!

屋台と歩行者天国がある日は祭り本番の二日前だけです!

つまり、この光景は一年の中に二日しか見れないです!

さて、この祇園祭で一番見所はコレです。

山鉾
山鉾

この巨大な車みたいな建物は山鉾です。

一つずつの山鉾は物語や由来があります、面白い!

ディズニーの夜の遊行みたい!

さすが日本で一番有名な祭り、人が多すぎて、飲み込まれちゃいそう!

歩行者天国は八坂神社前まで続いてきました。

八坂神社の中にもたくさんの屋台がありました。

私もおいしい広島焼きを頂きました(^^♪、とても美味しかった。

帰りは八坂神社の舞台の中にきらきらな神輿をみました。
八坂神社の舞台

このときの八坂神社は普通の日より輝いてたんですね!

そろそろ疲れたので、帰りました。

今日は本当に楽しかった!また、他の日本の祭りも体験してみたいです!

バイバイ~(^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

2

Antique Market~京都大骨董市


こんにちは、京都きもの町スタッフのコタニです!!

行ってきました!!

京都、竹田にて開催される「京都大骨董市」

このアンティークフェアですね、実は年に3度しかない、結構レアな催し・・・

しかも。。。出店しているのが300店という西日本最大の骨董市だそうです!!

今回の開催日は

6月30日(金)~7月2日(日)

10:00AM~5:00PM
最終日のみ~4:00PM

場所:パルスプラザ 大展示場

その情報を聞きつけ。。。これは絶対レアな着物、もしくは浴衣に出会えるのではないかと期待に胸膨らませて、私行って参りました!!

最寄の「竹田」駅から会場までの無料シャトルバスが出ております。

バスに乗車し、いざ出陣!!

10分も経たないうちにバスは会場のパルスプラザに到着。。。そして会場の中へ

大骨董市の全容はこちら!!

凄く広いです!!

2階から見下ろす景色は、もう何処の国に来たか分からないレベルです。

この広さ。数時間で回りきれるのか。。。二階もあります。無理でしょう!!笑

とにかく沢山の骨董品が見たいと思い、早速会場を歩き回る事にしました。

洋服やアクセサリー、陶磁器、人形、着物、 版画や書画、古いポスター、鎧や刀

とにかく種類が豊富!!

アンティークのアクセサリーは女性は絶対好きだと思います。

腕時計も素敵でした!!カメオのブローチに銀食器・・・

来場者も凄く多いです。

そんな中、やはりマダムに人気なのが着物コーナー

百貨店のバーゲン!?と目を疑う反響ぶりに自然と足の速度が早まります。笑

色々な着物のお店を見ましたが、一番驚いたのが

「絞りの浴衣」

絞りの浴衣と言えば、とても高級な浴衣

浴衣の女王様とも言うべきでしょうか

その絞りの浴衣が沢山陳列されており、触ってみるとあの柔らかい手触り

柄も凄く可愛くて、すぐに欲しい1枚を見つけました。

柄は文句無しに可愛いがお値段は可愛くないんだろうなと、恐る恐る薄目で値札を見る。

「え?これゼロ1つ少なくないですか?」

店員さんに聞くと

「うちは商売でやってるんじゃんなくって、本当に好きで着て欲しいからその値段なんです」

その金額、なんと

¥7000

いや、買うでしょ。買わないとか絶対無いでしょ。

そう思って羽織らせて頂きました。

凄い!!悲しいほど丈と裄が足りない!!笑

自身の身長168センチ。昔の人はそんなに大きくない!!当たり前か・・・

諦めきれない私に店のお母さん

「帯を結ぶところを切って、そこに別の布を足して、あなたの身丈に合わせる手法もあるのよ」

なるほど!!勉強になりました!!

しかし絞りの浴衣を切るなんて、そんな勿体ない事できません。

渋々、諦め店をあとに・・・その他もたくさんの着物や帯、小物を見て何点かに狙いを定め購入しました!!

なんとこの日、最終日ということもあり、凄く安くで名古屋帯をゲット出来ました!!

本当に状態の良い帯で、この値段で大丈夫?!と言う気持ちでしたが

「何度も足を運んでくれたし、いいんだよ」とお父さん。

うぅぅぅ。。。是非次回もまた買いに来ます!!

特に何が買いたいとか、目的が無くとも凄く楽しめるフェアだと思います。

興味がある方は是非!!次回の大骨董市覗いてみて下さい!!

 

 

1

初夏を着よう!


京都は八重桜が満開か散り始めたか。。。。
いつもより桜を長く見ているような気がしてます。
こんにちは、きもの町スタッフYたろうです。
今年は花見の宴会は雨などで出来ませんでしたが、
桜は長いこと眺めることが出来ました。
月初めに私用で東京に行ったときに、
運よく隅田川の桜をスカイツリーと一緒に見ることができました。
春のうららの隅田川…
京都タワーとは別物です。

また出勤前に鴨川と桜があまりにきれいだったので写真を撮ったんですが…
こうして見比べると同じ川と桜の風景も違って写るものです。

桜を見てますと、せっかくなので桜柄の着物を着たくなりますよね。
でも、だれが決めたのか、見えない決まりがあって着てはいけないのです。
花びらだけならば、国花ということもあり年中着られるそうですが、
(※ただしお花見は避ける)
桜の枝などが写っていると季節を選ぶそうです。
(※ちなみに正月から開花前だそうです)
時代をリードするっ。とまでいきませんが、
季節をリードする。これが日本のオシャレ、だそうです。
言われてみると、花見にピンクの服を着ている人を見ると、、、
「ピンク色着ちゃいましたか・・・」という気分になりますね。

さて、ではこれからの季節はどうか見てみましょう。

と、柄の前に一つお伝えしたいことがありました!
まもなく5月、日中が夏日なんて日も出てきました。
そんなときにしか着ることができないのが単衣着物!
No!TAN-I-KIMONO!
This is a HITOE-KIMONO!!
春秋冬は通常、袷(あわせ)という裏生地がついた着物を着るのですが、
少し暑くなると、裏生地のない、少し涼しく過ごせる単衣着物を着るようになります。
そしてこの単衣着物を着てよいとされるのが5月6月9月!
そしてそして、きもの町はその単衣着物もオリジナルでご用意して待っておりました!
しかも、裏生地がない分、袷着物より少し安い!単品でなんと5508円!
はい、ここで柄の話に戻りますが、きもの町のオリジナル単衣着物。全部お勧めですが特に!
この時期におすすめな柄を紹介していきたいと思います。

ベストⅢ
●「流水」川辺をイメージさせてほんのり涼しさを感じさせてくれます。
13番、青色流水に花

→クールですっ。

14紫、色流水に花↓
大人なクールさを感じてしまいます。

ベストⅡ
●夏の花「百合」
立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花 と先人はよく言うたものです。
18、ピンク×イエロー百合と鳥

歩いて振り返ってくれています。まさに百合、、、
19、グリーン×ブルー百合と鳥

思いを胸に秘めた、あの日を思い出します。。。

そして。。。。
ベストⅠ
●風物詩の「千鳥」
水辺に住んで郡で飛ぶ千鳥を単純化した千鳥格子。
新生活が始まり、気持ちが沈みかけたとき、川辺に故郷から渡り飛んできたかもしれない千鳥の群れに、故郷への思いを重ねつつ…でも私は強く生きます!という心意気を感じさせてくれる元気な色使いの
11番、黄×青モダン千鳥

初夏の野外フェスなどにも着ていけますね!あなたの元に飛んでいきます!なんて意味を込めてもいいかもしれません(笑)。

着物の柄の意味なども知ると、ちょっとちがった気分でお出かけできますね!
また意味を自分で作ってしまうのもアリだと思いますよ。
ぜひいろいろ試してみてください。

0