タグ別アーカイブ: 七五三

男の子の三歳七五三!


こんにちは!きもの町スタッフヤマジです。

きもの町スタッフが、お子さんの三歳の七五三をした写真を送ってくれました!!
着用したお被布は、
七五三 着物 3歳 男の子 ブランド被布セット 「小町」
の、『C白地に鹿の子、矢羽』!
同じ柄は現在は売り切れてしまっております!

とっても楽しいお参りだったのが伝わる写真ばかりです!
このお年頃のお子様は、走ったり飛んだりするのが大好きですので、体に負担のない被布ならご機嫌でお参りできそうですね!

この商品の着物はすでに身上げ、肩上げが施されております。
3歳のお祝いをするお子様の平均身長に合わせて、身長95cmぐらいのお子様がぴったりと着ていただけるサイズになっておりますので、
もしそれでは大きい、もしくは小さいようでしたら身上げ、肩上げを一度解いていただいて、
お子様に合わせて、再度縫い上げてくださいね。

七五三おめでとうございます!

1

七五三の準備から当日まで:我が家の場合


こんにちは。スタッフJDです。

今月、我が家では2歳の七五三を行いました。
私もそうでしたが、どうやって準備すればよいか悩まれる方も多いかと思います。

そこで、我が家流の準備~当日までの流れを
ご紹介させていただきますね。
来年以降に七五三される方など
参考程度にしていただけますと幸いです^^

——————————
まず衣装と家族写真を撮るかどうか、
という話し合いからだと思います。

我が家には、知り合いからいただいた
着物・被布・草履がありましたので、早々にこどもの衣装は決定!
せっかくなので私もお義母さんの着物をきることにしました。

また、良い機会なので写真館で
初めての家族写真撮ろう!っという流れになりました。

【8月ごろ】
写真館での七五三撮影は、
すでに埋まっているところがあるとの情報をキャッチ!
急いで近くの写真館を調べて、予約しました。
地域によって埋まり方などは違うようで、
私の地域ではまだまだ空きが多く、
第一希望の日時で予約が取れました^^

【9月ごろ】
娘と私の当日衣装の準備。
私は手持ちのもので対応できましたが、
着物デビューの娘は足りないものを色々と買い足しました。

<買い足しリスト>
足袋
長襦袢
半襟
髪飾り
比布飾り

足袋は、靴と同じサイズ。
長襦袢は当日暑がる可能性があったので中の服で調整ができる半袖タイプ。
髪飾りや被布飾りなどの装飾品は、
きもの町スタッフの方々にアドバイスを頂き着物と
娘の好みにあわせたものをチョイス!

そして、当日娘が着物を嫌がらないよう、 七五三のCMが流れると
「S子も秋になったら着るんだよー。お姉さん可愛いね」 っと
少しずつ着たい欲が上がるように伝えてました。

【10月ごろ】
そろそろサイズ直しや半襟つけないとなぁっと思い、準備しました。
肩上げや身上げはお義母さんに教えていただき、
半襟はインターネットでやり方を調べてチクチク、チクチク…

【当日一週間前~前日】
着付けお願いしているところに着物を預けたり、
忘れ物がないか、当日必要な小物類などを準備しました。
特にいつもの洋装時のお出掛けグッズとは違うので、入念にチェック。
当日は荷物にはなるけれども、
足が痛くなった時用の「こどもの靴」と
着物を嫌がった時用の「こどもの着替え」は
必ず忘れないようにしました。

【当日】
家族みんな体調万全!お天気快晴!
娘の機嫌も良し!っと、とても七五三日和^^

心配だった着物もニコニコで着てくれました!
私の着物姿を見たとき「S子も着るー」とおおはしゃぎw

写真館で撮影がはじまると、始めは緊張からずっと無表情でしたが、
最後の方にようやくなれてきて笑顔が見られました^^

初めての家族写真もパシャリ♪

 

撮影後は、そのまま近くの神社へご祈祷をしてもらい帰宅しました。
私も緊張していたようで、
着物を解いた途端に「ホーーー」と長い息をつきましたw

————————————–

以上が我が家の七五三でした^^

草履も痛くないかと終始心配していたのですが、
帰るときまでトトトトトッと器用に歩いておりました(о´∀`о)

ほっとくと勝手にトコトコ歩いてしまってますw

お子様によっては歩きづらいまたは足が痛くなり
草履を嫌がる子がいると思いますので替えの履きなれた靴は
持っておかれた方が良いかと思います。

また、娘は2歳だったので、
髪飾りの大きさとか結構最後まで悩みましたが、
大きめでもカワイイとのスタッフに後押しを頂き、これに決定しました。
終わってみても、この髪飾りで満足です♪

すんなり済んだように書いておりますが、
何回かハプニングもありつつ、

「初・七五三」「初・家族写真」「初・お直し」っと
初めて尽くしだった今回の家族イベントは、
色々な方のご協力のおかげで、無事に終えることができました(*´ω`*)

ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!

皆さまもコーディネートや合わせかた、
サイズなどご不安なことがありましたら、
きもの町にお問い合わせくださいませ♪(*´∀`)

これからも京都きもの町を何卒よろしくお願い致します^^

1

7歳の女の子のお母さん(※2人)との、七五三についての井戸端会議のコト


こんにちは、きもの町スタッフのイタノです

毎日暑いですね!
残暑とかそんな軽い暑さじゃない、本気の真夏の暑さが、ほぼ毎日京都を襲ってきております。

日差しが容赦なさすぎて、8月も終わろうかというのに日差しが痛い(‘A`)

 

さて、イタノの家の近所には、今年七歳のお祝いを迎える女の子のお子さん(※息子の同級生)が2人いるのですが
その双方のお母さんから、それぞれ七五三の装いについての質問をぶつけられています。
(※イタノはどんな仕事内容かとか業種を、わりとオープンにしています。)

そこで現時点までにご質問として頂いております「7歳の女の子の七五三の装い」について、あれこれまとめて書いてみようと思います。
——
☆★ お子さまのヘアスタイル&髪飾り編 ★☆

(´・ω・){髪飾りってどうしても勝山?っていうの?お姫様みたいな髪飾りをしなくちゃアカンのかな?
→絶対に勝山をつけなくちゃダメって事はもちろんないです。

こんな感じでメイン1つ・お好みの髪飾り数点、なんてのでも十分可愛いです。

↓ 上の写真で使われている髪飾りはコチラ ↓

(´・ω・){髪の毛がそんなにのびきらへんかってん…頑張ってみたんやけど…
→ヘアピンやヘアクリップ・コームタイプの髪飾りでも、可愛いのメッチャあります!

「髪の毛の長さは足りたけどボリュームが無い」時は、毛たぼを入れる事でボリュームアップします。

(*´▽`){ヘアセットをお願いする美容師さんや写真屋さんと、当日のヘアスタイルを相談しながらアイテムを買い足していくのもアリですよ

 

☆★ お子さまの装い編 ★☆

(´・ω・){前撮りと本番で、2回しか着物着ないんやけど…下着って本気の着物用を用意しなアカン?
→あるに越したことはないけど、衿の広くあいたTシャツ+ペチコートがあったらそれで代用OK。汗を吸う綿素材がオススメです!
(´・ω・){箱迫とか末広って必要?なんか無くてもいけるんちゃうんかなーって。
→そこはちゃんと用意しましょう(笑)。あるとないとでは見た目もだいぶ違います。

→成人式のお支度も見据えて、大人用の箱迫を用意するおうちもありますよ。

→ビラ簪を箱迫に足す(挿す)と、もっと華やかに上品になります。

(´・ω・){そもそも小物のコーディネートの仕方がわからへん
→基本的には「着物の柄に使われている色」の小物を選んだら、まとまりのあるコーディネートになります。
→着物と帯次第では、メインの色の反対色を持ってきた方がメリハリがついて良くなることも!

(*´▽`){あくまでも「子供が主役」の行事なので、大人(ご両親や祖父母)だけで何もかも決めるのはあまりオススメしません。
(*´▽`){子供にアイテムを1点~数点、それこそ足袋だけとかでもいいので、好きなのを選んでもらった方が着る本人の楽しみも広がるってもんです。

 

☆★ 付き添う保護者の装い編 ★☆

(´・ω・){付き添いに着物を着たい。けどどんなの着たらいいのかわからへん
→訪問着・付け下げ・紋有りの色無地で。
→安いからといって小紋や紬の着物はダメです。TシャツとGパンで付き添うようなものなのでダメです。
→ただ、必ずしも正絹じゃないとアカンって事は無いです。ちゃんとルールが守られているんだったら化繊(洗える着物)でもOK!

(´・ω・){着物はわかった。帯とかは小物類は?
→帯は必ず礼装用の袋帯を。金糸・銀糸を使って織られている帯は汎用性が高いのでオススメ!

→帯揚げ・帯締め・草履バッグも、ちゃんと礼装用のものを。長襦袢と半衿も白色で!

(*´▽`){付き添いはあくまでも「付き添い」。主役はあくまでも子供なので、華美にになりすぎないようにするのがベターかなと思います。
——
…っていう話を、井戸端会議の合間合間にしていました。

そこで思ったのは「女の子の七五三の準備って、本当に大変なんだなぁ…」ってコト。

話を聞いていたら(うちの息子の5歳の七五三なんて全然余裕やったな…)と思わざるをえません。

イタノ家の息子の、5歳の七五三の思い出話はコチラからどうぞ

男の子と違って髪飾りがいるし、髪飾りをつけるならヘアセットもしっかりしなくちゃだし、帯もしっかり締めるしお化粧もする子はするだろうし小物もアレコレ必要だし…と、とにかく身の回りのお支度が大変!

どうか焦らず、余裕をもってお支度を進めて頂けたらと思うばかりでした…。

ではでは今回はこの辺で!イタノでした(*´ω`)ノシノシ

3

昨年無事に(?)終わらせた、我が家の七五三の思い出


こんにちは、きもの町スタッフのイタノです

いよいよ10月に突入してしまいましたねー。
今年も残すところ、あと2か月と大体半分となってしまいました。早い………!!!

お子様のいらっしゃるご家庭におきましては、この時期はお祭りなどの地域行事をはじめ
運動会やバザーなどの学校行事や
ハロウィン・七五三の準備などのご家庭の行事が、もう目白押しではないでしょうか。

(´・ω・`){正直メンドくさいですよね

特に七五三!

前撮り写真を撮る直前やお詣りに行く直前になって
「あの小物が無い!!?」
「あの小物どこいった!!?」

ってのが無いように、心に余裕をもってお祝いしたいもんです。
(イタノ家は私がうっかりしがちなので、主人と一緒に3回見返しました)

そこで今回は、イタノ家で昨年祝われた波乱(?)の七五三の一部始終と
必要になった小物をご紹介しようと思います。

イタノ家の息子氏が5歳の七五三で着る予定の袴や着物は
彼が産まれた瞬間からもう既に決まっており
約30年ほど前に主人が着た着物や小物を全部そのまま使う事になっていたので

「そんな大仰な事言わはるくらいやし、さぞかし大事に保管されてるハズ…ハズやでぇ…」

と思ってたんですね。思ってたんですよ。

んで、状態やら裄丈やらを確認したくて、お祝い着一式の行方をお義母さんに訊きましたらば
羽織と着物と長襦袢が、プラスチックの衣装ケースの奥底で
グッチャグチャのだんご状態で保管されていました。

ちなみにこちらのだんご状態の羽織と着物、色無地五つ紋入りの本気の祝い着です

いやー…甘かったです(遠い目)。

そんなこんなで、お祝い着一式のメンテナンスを含めて
準備を始めたのは9月に入ってからでした。

羽織と着物と襦袢の裄丈を測ったら、子供の裄丈の方が長かったので
「肩上げを直さなきゃなー。」
「あと(グッチャグチャやし)クリーニングもお願いしなきゃ…」と思い
クリーニングと肩あげはきもの町の本社【豊彩(https://www.kyoto-hosai.com/)】でお願いしました。

次に小物類です。

→まず肌着は衿ぐりの広いシャツを持っていなかったので、思い切って着物用の新しいのを。

ピッタリサイズでした。
衿ぐりの広いTシャツや5分丈くらいまでの袖のシャツでも代用できると思います。
タンクトップでも代用できると思いますが、汗をかいた時に腕が長襦袢に貼りついた感じになってしまうかもしれません…。

→足袋はストレッチのきく白足袋に。靴下みたいに履けます。

当時、足のサイズが17cmほどだったので、足袋は15.0cm~16.0cm(実寸16.5cm)を選択。
表記サイズより少し大きめの縫製なので、実寸サイズを参考に選んで頂いたら
ダブつかず履いていただけると思います。

→腰紐は手持ちの大人用のをそのまま使用し、伊達締めは子供用のものを選択しました。

手持ちの大人用の伊達締めで試しに〆てみたんですが、全体的になんか大きすぎました…

→あとは半衿も新しい白いのを。

新しい白い半衿は、やっぱりスッキリ気持ちよく映えます。

さて、問題の袴セットです。

いかんせん、主人が約30年前に使って以来、ずーーーっと放置されてきた袴セット。

確認してみると時代の流れを感じますね。

羽織紐の房は時が経ちすぎて全然フサフサしておらず、
末広は全体的に黄ばんでて、軽率に広げたら壊れそうでとても怖くて持てません。

→なので、羽織紐を新調しました。

約30年前の羽織紐と比べたら、フサフサ度合いが比べ物になりません。めっちゃフサフサです。

→その流れで末広も新調しました。

約30年前の末広と比べたら、やはり白さの度合いが比べ物に(以下略)

草履に至っては
「約30年前の草履やし、経年劣化とかで鼻緒がスッポ抜けて怪我とかしたらアカンし、これだけは絶対新調しよう!!!」
と心に決めていたのですが
正直目を疑った一件
袴の生地と草履の表地(鼻緒含む)が、同じ生地で作られていたんですよね!!!

おかーさんビックリだ!!!(‘A`)

…という事で、草履の交換は諦めざるをえませんでした。

履く当日、鼻緒がスッポ抜けない事を祈るばかりです…

そんなこんなで、前撮りをつつがなく終了させて
渾身のドヤ顔
ドヤァァァァァァァアア

いざ、七五三のお詣りです!

着物と袴を必死のパッチで着付けてあげて
自分も母に借りた色無地を着て、いざ北野天満宮へ!!!
(※北野天満宮は菅原道真公をおまつりしている、全国の天満宮の総本社で
「学問の神様」「芸能の神様」として広く知られております)

前撮りの時はほぼ静止状態だったので気づかなかったのですが
草履を履いて歩くのに子供が慣れておらず
バタついたりして、とにかく歩きにくそうな様子でした。

→「あー、かかと留め付けときゃよかったなー」と痛感しました…

5歳男の子なので、オフホワイトLLで丁度いい感じになったんじゃないかなと思います。
女の子用として赤色もあります。サンダル感覚で草履を履いていただけそうです。オススメですよ。

全体を通してみると、お下がりのお祝い着や小物でも買い替えの必要なもの・お直しの必要なものを
ちゃんと見返す事が出来てよかったな~と思いましたので
早めの準備・早めの見返し、ホンマにオススメです!

あ、鼻緒はスッポ抜けずにすみましたよ!!よかった!!!

さてさて、今回は(前半波乱の)イタノの七五三の思い出を書いてみましたが
いかがでしたでしょうか。

今回は男の子のお話となりましたが、女の子だと
「2年前、お姉ちゃんに着せた被布着物の、被布飾りがいつの間にか無くなってた…」
といった話を、お電話などのお問い合わせでよくお伺いします。

今年3歳の女の子の七五三を迎えられるご家族で、おさがりの被布をお考えの皆さまは
被布飾りの「左右がちゃんと揃っているか」「色褪せてはいないか」など
早めのチェックが必要かと思います(`・ω・´)

きもの町には現在6種類の被布飾りがあります。

着姿の目立つ部分になるところになりますので
左右の揃った、キレイな被布飾りで七五三をお祝いしてあげたいですね♪

ではでは、イタノでした(*´ω`)ノシノシ

1

七五三のロケ撮影をしました♪


こんにちは!きもの町スタッフのヤマジです
先日、七五三の髪飾りのロケに行ってきました!

七歳の七五三のお祝いで、お着物を着られるお嬢様も多いのではないでしょうか。

せっかくのお祝いなので日本髪にしたい!、そんなときに、
ピッタリの髪飾り『勝山セット』。

>>七五三特集をチェックする!<<

真ん中の勝山かんざしが華やかで、
サイドの銀色のビラがキラキラきれいなかんざしと、
藤の花のようにゆらゆら揺れる下がりが、特別な日を演出してくれます

他にも、
つまみ細工のお花が可愛らしい櫛の髪飾りと下がりの髪飾りのセットや、
三歳の七五三から使って頂ける、ふっくらとした鳥が可愛い、
下がりのついた髪飾りなども、愛らしい印象で人気があります♪



【七五三 四つ身着物単品「赤色 菊花」はコチラ!】

モデルちゃんも、鳥さん可愛い!と気に入ってくれたみたいです
京都きもの町には、七五三にピッタリの、髪飾りや、可愛い小物など、続々入荷中です♪
お気に入りの髪飾りで、素敵な思い出をつくってくださいね!

>>七五三特集をチェックする!<<

今回撮影した新商品がアップされましたら、
またメルマガtwitterfacebookでお知らせいたしますのでお楽しみに♪

さて、七五三の撮影をしたこちらのお店ですが、
『京都着物レンタル夢館 御池別邸』
2017年7月1日NEW OPENしたこのお店は、
姉妹店『京都着物レンタル夢館』の新店舗なんです。

築100年を越える 元呉服商の京町家を改装したお店なので、
雰囲気がとっても素敵ですよね♪

着付け、ヘアメイクやカメラを担当してくれた夢館スタッフの皆様、
ヘアチェンジまでがんばってくれたモデルちゃん、ありがとうございました!

>>『七五三ってどんな行事?いつするの?』
>>『七五三ってなにがいるの?(3才編)』
>>『七五三ってなにがいるの?(5才編)』
>>『七五三ってなにがいるの?(7才編)』

2