タグ別アーカイブ: フードセット

お宮参り初心者ガイド


こんにちは、きもの町スタッフヤマジです。

突然ですが、今年、お宮参りしてきました!

きもの町ではお宮参り用のフードセットを販売しているのですが、

『これ、どうやって着せるんですか?』
『他に何かいりますか?』

などなど、お宮参りの準備についてご質問頂くことが多いです。
せっかくなのでお宮参りについて、自分の経験を含めてまとめてみようと思います!

——————————————————————–
〇お宮参りとは?
〇赤ちゃんには何を着せるの?どんな準備が必要?

——————————————————————–

〇お宮参りとは?

お宮参りとは、赤ちゃんの生誕をお祝いして、
健やかな成長を氏神様(その土地の神様)に参拝する儀式の事です。

神社でご祈祷を受けたり、記念撮影をするのが一般的で、
正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とする地域が多いようですよ。

我が家のお宮参りは生後31日目だとお正月だったので、日にちをずらすことに。
そして一番近い神社は、普段神主さんがいらっしゃらない無人の神社だったので、
縁のある大阪天満宮にしました!

〇赤ちゃんには何を着せるの?

肌に近い順で、
肌着+ベビードレスやロンパースなど(ここで体温調節)+祝い着(産着)+フードセット+お祝いの小物
正式には、祝い着の下には、抱き着という赤ちゃん用の着物を着るようです。

我が家は、神社でご祈祷の申し込みを済ませて、待合室で祝い着、フードセット、小物を装着しました。
祝い着は、紐を着物の袖に通し、赤ちゃんを抱いた父方の祖母に前から掛け、肩のうしろ辺りで結びます。

手持ちの祝い着と襦袢、どちらにもついていた紐を結びましたが、
着物に紐が付いていない場合は、別に紐を用意してくださいね。


商品番号 035996 正絹 宮参紐「黒紺色」男の子 産着 お宮参り 男児
女の子用もありますよ!

ちなみに関西(大阪?)ならではの風習の、
おでこに「大」(女の子は)を書き、紐銭(ひもせん)、張り子のおもちゃを別で用意しました。


※撮影用に張り子など前にぶら下げましたが、
背中の方にある紐のにぶら下げるのがスタンダードだと思います。

また、祝い着には、男の子なら紋は必須というお家もあるよう。
紋に限らず、お宮参りなど儀式についてはお家の希望があることが多いので、
参加するご家族に確認した方が良さそうですよ。


商品番号 025823 お宮参り、お誕生のお祝いに フードセット お宮参り 男の子用フードセット「白色」フード(帽子)、よだれかけ、お守り袋、末広扇子の4点セット 化粧箱付き

こちらを使用しましたが、ボリュームのある前掛けと帽子は見栄えも良く、
刺繍もキレイでとても好評でした!!
お宮参り自体を生後2か月にずらしたり、
ベビーの頭回りが大き目の子は帽子がキツイ場合も稀にあるようなので、
心配な場合はご連絡下さいね。

▽女の子用はコチラ▽


商品番号 025822 お宮参り、お誕生のお祝いに フードセット お宮参り 女の子用フードセット「ピンク」フード(帽子)、よだれかけ、お守り袋、末広扇子の4点セット 化粧箱付き

お宮参りに使った着物を仕立て直して、女の子であれば三歳の、
男の子であれば五歳の七五三の祝い着として使うこともできます。
その場合、男の子は羽織無しで着物と袴のコーデになるかと思います。

『男性のフォーマルは紋付羽織袴だから、羽織が無いとだめじゃないの?』

というお声もあるかと思いますが、七五三の場合ははっきりとした決まり事は無いようです。
地域の風習だったり、家の伝統、ご家族の希望で決めて頂いたら良いかと思います。

 

さて、昔は、赤ちゃんが無事に生後1か月を迎えることは当たり前ではなかった為、
お宮参り(産土参り(うぶすなまいり))は特別な儀式だったそうです。

色々な準備があり、儀式ということで難しそう…と
思われる方もいるかもしれませんが、
赤ちゃんのこれからの健康と長寿をお祈りする良い機会として、
ぜひ、思い出に残る素敵な一日をお過ごしいただければな、と思います。

2