カテゴリー別アーカイブ: 着物

Antique Market~京都大骨董市


こんにちは、京都きもの町スタッフのコタニです!!

行ってきました!!

京都、竹田にて開催される「京都大骨董市」

このアンティークフェアですね、実は年に3度しかない、結構レアな催し・・・

しかも。。。出店しているのが300店という西日本最大の骨董市だそうです!!

今回の開催日は

6月30日(金)~7月2日(日)

10:00AM~5:00PM
最終日のみ~4:00PM

場所:パルスプラザ 大展示場

その情報を聞きつけ。。。これは絶対レアな着物、もしくは浴衣に出会えるのではないかと期待に胸膨らませて、私行って参りました!!

最寄の「竹田」駅から会場までの無料シャトルバスが出ております。

バスに乗車し、いざ出陣!!

10分も経たないうちにバスは会場のパルスプラザに到着。。。そして会場の中へ

大骨董市の全容はこちら!!

凄く広いです!!

2階から見下ろす景色は、もう何処の国に来たか分からないレベルです。

この広さ。数時間で回りきれるのか。。。二階もあります。無理でしょう!!笑

とにかく沢山の骨董品が見たいと思い、早速会場を歩き回る事にしました。

洋服やアクセサリー、陶磁器、人形、着物、 版画や書画、古いポスター、鎧や刀

とにかく種類が豊富!!

アンティークのアクセサリーは女性は絶対好きだと思います。

腕時計も素敵でした!!カメオのブローチに銀食器・・・

来場者も凄く多いです。

そんな中、やはりマダムに人気なのが着物コーナー

百貨店のバーゲン!?と目を疑う反響ぶりに自然と足の速度が早まります。笑

色々な着物のお店を見ましたが、一番驚いたのが

「絞りの浴衣」

絞りの浴衣と言えば、とても高級な浴衣

浴衣の女王様とも言うべきでしょうか

その絞りの浴衣が沢山陳列されており、触ってみるとあの柔らかい手触り

柄も凄く可愛くて、すぐに欲しい1枚を見つけました。

柄は文句無しに可愛いがお値段は可愛くないんだろうなと、恐る恐る薄目で値札を見る。

「え?これゼロ1つ少なくないですか?」

店員さんに聞くと

「うちは商売でやってるんじゃんなくって、本当に好きで着て欲しいからその値段なんです」

その金額、なんと

¥7000

いや、買うでしょ。買わないとか絶対無いでしょ。

そう思って羽織らせて頂きました。

凄い!!悲しいほど丈と裄が足りない!!笑

自身の身長168センチ。昔の人はそんなに大きくない!!当たり前か・・・

諦めきれない私に店のお母さん

「帯を結ぶところを切って、そこに別の布を足して、あなたの身丈に合わせる手法もあるのよ」

なるほど!!勉強になりました!!

しかし絞りの浴衣を切るなんて、そんな勿体ない事できません。

渋々、諦め店をあとに・・・その他もたくさんの着物や帯、小物を見て何点かに狙いを定め購入しました!!

なんとこの日、最終日ということもあり、凄く安くで名古屋帯をゲット出来ました!!

本当に状態の良い帯で、この値段で大丈夫?!と言う気持ちでしたが

「何度も足を運んでくれたし、いいんだよ」とお父さん。

うぅぅぅ。。。是非次回もまた買いに来ます!!

特に何が買いたいとか、目的が無くとも凄く楽しめるフェアだと思います。

興味がある方は是非!!次回の大骨董市覗いてみて下さい!!

 

 

1

初夏を着よう!


京都は八重桜が満開か散り始めたか。。。。
いつもより桜を長く見ているような気がしてます。
こんにちは、きもの町スタッフYたろうです。
今年は花見の宴会は雨などで出来ませんでしたが、
桜は長いこと眺めることが出来ました。
月初めに私用で東京に行ったときに、
運よく隅田川の桜をスカイツリーと一緒に見ることができました。
春のうららの隅田川…
京都タワーとは別物です。

また出勤前に鴨川と桜があまりにきれいだったので写真を撮ったんですが…
こうして見比べると同じ川と桜の風景も違って写るものです。

桜を見てますと、せっかくなので桜柄の着物を着たくなりますよね。
でも、だれが決めたのか、見えない決まりがあって着てはいけないのです。
花びらだけならば、国花ということもあり年中着られるそうですが、
(※ただしお花見は避ける)
桜の枝などが写っていると季節を選ぶそうです。
(※ちなみに正月から開花前だそうです)
時代をリードするっ。とまでいきませんが、
季節をリードする。これが日本のオシャレ、だそうです。
言われてみると、花見にピンクの服を着ている人を見ると、、、
「ピンク色着ちゃいましたか・・・」という気分になりますね。

さて、ではこれからの季節はどうか見てみましょう。

と、柄の前に一つお伝えしたいことがありました!
まもなく5月、日中が夏日なんて日も出てきました。
そんなときにしか着ることができないのが単衣着物!
No!TAN-I-KIMONO!
This is a HITOE-KIMONO!!
春秋冬は通常、袷(あわせ)という裏生地がついた着物を着るのですが、
少し暑くなると、裏生地のない、少し涼しく過ごせる単衣着物を着るようになります。
そしてこの単衣着物を着てよいとされるのが5月6月9月!
そしてそして、きもの町はその単衣着物もオリジナルでご用意して待っておりました!
しかも、裏生地がない分、袷着物より少し安い!単品でなんと5508円!
はい、ここで柄の話に戻りますが、きもの町のオリジナル単衣着物。全部お勧めですが特に!
この時期におすすめな柄を紹介していきたいと思います。

ベストⅢ
●「流水」川辺をイメージさせてほんのり涼しさを感じさせてくれます。
13番、青色流水に花

→クールですっ。

14紫、色流水に花↓
大人なクールさを感じてしまいます。

ベストⅡ
●夏の花「百合」
立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花 と先人はよく言うたものです。
18、ピンク×イエロー百合と鳥

歩いて振り返ってくれています。まさに百合、、、
19、グリーン×ブルー百合と鳥

思いを胸に秘めた、あの日を思い出します。。。

そして。。。。
ベストⅠ
●風物詩の「千鳥」
水辺に住んで郡で飛ぶ千鳥を単純化した千鳥格子。
新生活が始まり、気持ちが沈みかけたとき、川辺に故郷から渡り飛んできたかもしれない千鳥の群れに、故郷への思いを重ねつつ…でも私は強く生きます!という心意気を感じさせてくれる元気な色使いの
11番、黄×青モダン千鳥

初夏の野外フェスなどにも着ていけますね!あなたの元に飛んでいきます!なんて意味を込めてもいいかもしれません(笑)。

着物の柄の意味なども知ると、ちょっとちがった気分でお出かけできますね!
また意味を自分で作ってしまうのもアリだと思いますよ。
ぜひいろいろ試してみてください。

0

4月の着物イベント情報 ~入学式・お花見シーズン♪~


こんにちは、京都きもの町です!

4月になり、全国各地で続々と、桜の開花ニュースやお花見情報が流れていますね😊

ポカポカ陽気と桜に誘われて、あちこち出かけたくなる季節がやって来ました♪

春ですね🎵🎵

京都の桜は例年より少し遅めという予報どおり、やや出だしはゆっくりでしたが、
ここ数日で早咲きの桜の木は見ごろを迎え、つぼみが膨らむにつれて、観光客の方もどんどん増えてきました!
観光シーズンのピークを迎えた春の京都には、着物を着て散策されている方もたくさんいらっしゃって、この時期は街全体がぱっと賑やかに、華やぎを増します🌸

皆さまのお住まいのエリアの桜はいかがでしょうか?

さて今回は、4月の着物に関する行事と、着物でお出かけしたくなるイベント情報
ご紹介します❗️

  • 入学式の季節です
  • やっぱりお花見!
  • 4月の主な行事
    (新宿御苑 春の特別開園/都をどり/浅草観音うら一葉桜まつり/
    長浜曳山まつり/弘前さくらまつり)

 

入学式の季節です

4月といえば、入学式シーズン

満開の桜のもと、晴れ晴れとした新入生たちの姿は、
まさに春を代表する光景のひとつですね。
気候のよい時期なので、入学式・入園式の付き添いを機会に着物を着られる
お母様も、たくさんいらっしゃることと思います。

なんといっても訪問着は春の華やかなシーンで映えますし、
何より美しい着物姿のお母様は、お子さまにとっても嬉しく、
「自慢のお母さん」に見えると思います😊

「子どもの入学式(入園式)、どんな着物を選べばいいの?」

お着物選びの際に、お母さまからきもの町へ、そんなご質問をいただくことがあります。

やはり当日の主役はお子さまですので、
お母さまには、派手さを抑えた色柄のお着物をお選びになることをおすすめしています。

淡い色合いの訪問着は、とても品よく着ていただくことができますし、
また春らしく、桜の模様が入った着物も華やかでステキですよ!

きもの町の訪問着ラインナップはコチラ ↓✨✨✨

http://www.kimonomachi.co.jp/fs/kimonomachi/c/houmongi

きもの町ではお届け後すぐにお召しいただけるお仕立て上がりの訪問着を取り扱っております。サイズが合えば、大変お値打ちなお品物ばかりです!

▼おすすめ お仕立て上がり訪問着単品
結婚式やパーティーなどのお呼ばれの席に。ハレの日用に準備しておきたい訪問着
例えば、こんな商品がございます。

「ピンク×グリーンぼかし 桜」001396a 「薄桜色 道長取りに吉祥草花」004720a 「薄黄色 波に菊花、桜楓」007265a

着用までにお時間があるのでしたら、未仕立て品からお選びいただき、
ジャストサイズでお仕立てされるのも、もちろんおすすめです☆


やっぱりお花見🌸🌸🌸

さて、この時期楽しみな行事といえば、忘れてはならない「お花見」!

京都にもたくさんの桜の名所があります。
そのうちのひとつ、豊臣秀吉が盛大な花見を行ったことでも知られる、醍醐寺の花もちょうど今週あたり、見ごろを迎えるのだそうですよ。
歴史上の話や美術品などにもたびたび登場しているとおり、昔から日本人にとって花見は、春に欠かせない重要な行事ですよね。

ここ最近は、花見を目当てにやって来られる外国人観光客も急増して、
新たな盛り上がりを見せている一大イベントというかんじがします!

またこの時期、街では桜の花がデザインされたグッズをよく見かけますね~
(スーパーやデパ地下に並んでいる、春限定の桜味のお菓子も😋)

日本中に春の訪れを告げる、桜。

和装で「桜模様」は通年使えるのですが、
やはり4月は春爛漫♪ 桜モチーフを取り入れたコーディネートを楽しんでみたいものですね!

▼おすすめ 桜アイテム


きもの町オリジナル 京袋帯「カラフル 桜と楓」
白地の全面に、桜と楓が重なり合うようにして敷き詰められた柄が賑やか。オレンジ・黄緑・ピンク・赤とカラフルな色をたっぷり使ったこんな帯なら、どんな着物に合わせても明るさを引き立ててくれそうです。

桜モチーフの髪飾り♪

「ゴールド×象牙調白系桜 サンゴパール、ラインストーン」001396a 銀杏型かんざし「螺鈿 べっ甲調 蝶と桜」         004720a  かんざし「象牙調白色×珊瑚風ビーズ 桜」        007265a

 

4月の主な行事

桜の開花と合わせて、全国で春らしい行事が目白押しの4月。
春の陽気に誘われて、わざわざ足を運んでみたくなる賑やかな行事も、各地でいろいろと行われるようですよ♪

■新宿御苑 春の特別開園/東京都新宿区
4月24日(月)まで (期間中は無休で開園)
東京でもとくに人気のある桜の名所。ソメイヨシノや山桜など、1,000本を越える桜の花が都心で見ることができるとあって、期間中は連日大勢の見物客で賑わいます。アクセスもよいので、着物でちょっと立ち寄ってみるのにもよいですね!

■都をどり /京都府京都市 
2017年4月1日(土)~23日(日)※期間中、休演日あり 
明治5年に第一回目の公演が行われ、以降、京都で続いている「都をどり」。 
艶やかな芸舞妓の競演が、京都に春の訪れを告げる行事です。 ステージ上の華やかさはもちろんのこと、客席にも着物姿の方が多いですよ。 2017年は、毎年行われていた会場・祇園甲部歌舞練場が耐震対策工事を行うことになり、初めて京都芸術劇場「春秋座」(京都造形芸術大学内)で上演されているのも話題です。 

■浅草観音うら一葉桜まつり /東京都台東区 
2017年4月8日(土) 
近年、外国人観光客にも大人気の観光地・浅草で行われている春のお祭り。 一葉桜が咲く並木通りを練り歩く、華やかな江戸吉原おいらん道中が見どころなのだそうですよ!お花見を兼ねて見学に行ってみたいですね。 

■長浜曳山まつり /滋賀県長浜市 
2017年4月13日(木)~17日(月) 
安土桃山時代に豊臣秀吉が男子の誕生を祝った行事が、その始まりと伝わる祭りです。豪華絢爛な曳山と、大人顔負け・本格的な子供歌舞伎が見もの。 子供歌舞伎上演は4月15日。 

■弘前さくらまつり /青森県弘前市 
2017年4月22日(土)~5/7日(日) 
日本さくら名所100選に選ばれている弘前城跡・弘前公園の桜をたっぷりと満喫することができる「さくらまつり」。期間中は日本最古のソメイヨシノをはじめ、たくさんの桜の木の元でのお花見を楽しみに大勢の人が集まり、賑わいます。

着物:グリーン椿 帯:カラフル桜と楓

お花見ができるところや、お花見に関連した行事なら、日本全国・・・
すぐお近くでもきっと行われていると思いますので、着物を着てお出かけされる機会が増えるといいですね♪

それでは、また次回・・・5月のイベント情報をご紹介する予定です🌞

 

1

春到来!!!


 

こんにちは★きもの町スタッフMです♪

3月ももう終わりです!花粉症のピーク!

朝晩はまだ冷えますが、日中はぽかぽか陽気になってきましたね★☆

春風が心地よい季節♪桜もちらほら咲いてきました!そろそろお花見の季節ですね(・U・)!!

 

そんな時は、着物を着て出かけるのはいかがですか!?

きもの福袋

きもの町オリジナル着物!種類も豊富に揃えています♪♪

2点セットから5点セットまで盛りだくさん☆

今の季節は単衣着物!!

ラミエール帯揚げ、帯締め

ワンポイントで帯揚げ、帯締めをしてもオシャレ★☆

スタッフが一生懸命コーディネートさせていただきます!

ご希望がございましたらコメント欄にお書き下さい(>U<)♪

着物初心者さん応援セット


着物初心者さん応援セット

 

初心者様応援☆着物福袋フルセットもございます!お客様好みのコーディネートをきもの町で見つけて頂けたらなぁと思います♪

 

それでは、Mでした(・ω・)

 

 

1

3月の着物イベント情報 ~卒業式・桃の節句~


こんにちは、京都きもの町です!

まだ肌寒い日があるものの、立春を過ぎるとやはりどことなく春めいて、
ウキウキしてきますね😊

さて今回は、3月の着物に関する行事と、着物でお出かけしたくなるようなイベント情報をご紹介します!

3月は、春らしい行事・イベントが次々に行われますよ♪

    • 卒業式シーズン到来☆
    • 3月3日 桃の節句
    • そのほかの3月の主な行事
      (・・・お水取り/雛流し/だるま市/梅祭り/伝統産業の日)

 


卒業式シーズン到来☆

小学校から大学、専門学校など、各学校によって、また地域によっても日程は異なりますが
卒業式が行われるのは、概ね3月1日から3月末ごろ。

まもなく、晴れやかな卒業生たちの姿をあちこちで見かけることになると思うのですが、なかでもとくに、袴を着た女性たちは華やかで目を引きますよね✨✨

卒業式の定番」ともいえる、袴スタイル。
近ごろは小学校の卒業式でも袴が大人気ということで、ジュニアサイズの関連商品も
年々充実しているんですよ。

卒業式で袴を着た先輩たちの姿を見て、自分のときもあんな格好してみたいなぁー❤️と憧れて、私も卒業式はぜったい袴を着る!!と心に決めている女の子も多いのだとか。

昔は、袴姿の主人公が登場するマンガ『はいからさんが通る』に憧れていた人も多かったはず!
(懐かしのマンガ・・・・・・!と思いきや、なんと今年、劇場版アニメが公開されるのだそうです♪)


ちなみにはいからさんがしていた「袴にブーツ」のスタイルは、明治~大正時代、日本に西洋文化が広まったころに女学生の間で大流行していました。
まさに古くて新しい感覚のコーディネートというかんじ。
今の時代の女の子にも似合う、とってもオシャレな組み合わせだと思いませんか?


京都きもの町の袴Style
憧れの袴姿で迎える卒業式。袴用ブーツに髪飾り、巾着など……
きもの町では、袴姿を自分好みにコーディネートできるアイテムを、ひととおり揃えております♪

http://www.kimonomachi.co.jp/site/hakamastyle/



3月3日 桃の節句

3月3日は、ひな祭り🎎
女の子が生まれて初めて迎える3月3日は「初節句」と言われ、大切な節目として
ご家族そろってひな祭りパーティーをしたり、記念撮影をされることも多いですね。

記念撮影ではドレスも人気があるようですが、やはり日本の伝統行事だからこそ、
着物を選んでみてはいかがでしょうか?

平安時代より伝わるハレの装束・十二単(じゅうにひとえ)に身を包んだお雛様。

そんなお雛様に負けない可愛らしい着物姿で、桃の節句をお祝いしましょう♪


ちなみに京都では、写真のようにお雛様を左・お内裏様を右に並べた古式の飾り付けが主流です。地域によって飾り付けに違いがあるようですが、皆さまのお住まいの地域のお雛様は右と左、どちらに座っていますか ^^?


きもの町では、初節句にもぴったり♪な女の子着物も取り扱っております。

 width=

■赤ちゃんきものセット
0~2歳の女の子用の着物です。普段着なれている洋服とは違うから、「着物は難しそう…」と思われる方も多いかもしれませんね。

実は写真の着物は、被布コート・上部分・下部分の3パーツのセパレート仕立て。
とにかくカンタン・楽チンに着脱できる点でもおすすめなんですよ♪


そのほかの3月の主な行事

春の訪れを告げるお祭りや行事が目白押しの3月。

着物でお出かけしたくなるイベントもちらほらと増えてきましたよ!

■ 東大寺修二絵(しゅにえ) /奈良県奈良市
2017年3月1日(水)~14日(火)
「お水取り」と呼ばれる、1260年以上続く奈良の伝統行事。
12日の深夜、大きな籠松明に火がたかれる中、十一面観音に供えられる「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。二月堂の回廊から燃え盛る松明を掲げられる様子が迫力満点! お水取りの一番の見どころとなっています。


■淡嶋神社 雛流し /和歌山県和歌山市
2017年3月3日(金)
人形供養で有名なこちらの神社で、桃の節句の行事として毎年行われているのが「雛流し」。願い事を書いた小さな紙製の人形(ひとがた)、そして雛人形を海に流して一斉に供養が行われます。水面に浮かぶ雛人形の様子が、なんとも幻想的。


■京都・花灯路  /京都府京都市
2017年3月3日(金)~12日(日)
京都を代表する観光エリア、東山・嵐山付近一帯で行われているライトアップと特別拝観。この時期だけの幻想的な夜の町並みの散策を楽しむことができるイベントです。着物姿でのそぞろ歩きが似合いますね♪


■深大寺だるま市 /東京都調布市 3月3日(金)4日(土) 江戸時代から続き、庶民に人気の縁日として愛されている「だるま市」。日本各地で行われていますが、深大寺のだるま市でも境内に大小さまざまなだるまが売られ、2日間、大変賑わうことで知られています。 


■梅祭り /茨城県水戸市 2017年2月18日(土)~3月31日(金) 水戸に春の訪れを告げる行事です。水戸の偕楽園で行われる、100年以上前から続く歴史ある祭り。園内のあちこちで、数多くの品種の梅の花が鑑賞できます。 


■伝統産業の日 /京都府京都市 2017年3月18日(金)~20日(月・祝) 毎年、「春分の日」とその周辺の日に催しが行われています。 着物姿で足を運ぶことで、特典が用意されている施設も用意されていますよ。

3月はまだまだ肌寒い日もありますが、下旬にもなれば桜の開花も始まり、本格的な春がやってきますね🌸
着物のお出かけの際にはぜひ、春らしい素材や軽やかな色を取り入れたコーディネートを楽しんでみてください。


春のお出かけに必ず役立つ「羽織もの」のご準備もお忘れなく・・・!
おすすめ羽織もの、いろいろと取り揃えております。
■京都きもの町 羽織・和装コート

来月は、4月の着物イベント情報をご紹介します!

3